EDAC、南小国町、リアルグローブの3者が「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意

救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)は、熊本県阿蘇郡南小国町と株式会社リアルグローブの3者で「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意したと発表した。

今回の合意は、2016年度総務省の身近なIoTプロジェクト「救急医療・災害対応におけるIoT利活用モデル」の成果の実用化事業となる。また、今後リアルグローブの開発するドローン映像などの情報を地図へ集約するサービス(Hec-Eye:ヘックアイ)の導入を予定しているという。

【関連リンク】
救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)
南小国町
リアルグローブ(REALGLOBE)

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

経産省が宿泊施設のフロント設置を義務化しないと公表、スマートロックを活用した民泊サービスの推進へ期待

ソフトバンク、ノキアソリューションズ&ネットワークスと5Gの商用サービスに向けた実証実験に関する契約を締結

Next