ハタプロと三菱地所、防災訓練における「LPWA」を活用した通信網構築実験を実施

株式会社NTTドコモと共同で39Meister事業を運営する株式会社ハタプロの39Meisterチームと、三菱地所株式会社は共同で、災害時にも独立した無線通信網を構築することを目的とし、LPWAによる長距離無線通信の実証実験を2017年9月1日に三菱地所が実施する「第91回 三菱地所総合防災訓練」内で実施する。

同実証実験は、大規模災害の発生時において、一部の通信インフラが使用不可能となった場合を想定し、三菱地所の大手町・丸の内・有楽町エリアにて被災時に災害対策本部となる大手町ビルにLPWA通信網を確立させ、大手町ビル及び周辺エリアに配置されたGPSによる位置測位が可能な端末を持った三菱地所の社員の位置を把握することで、ビル街でのLPWA技術の有用性を検証するものだ。

同実験に際し、独自の通信網を即時に構築することを目指すため、39Meisterが開発するハンディタイプのLoRaWANシステムを導入し、バッテリ駆動、かつ公衆通信網に接続せずに行う。

ハタプロと三菱地所、防災訓練における「LPWA」を活用した通信網構築実験を実施
今回の実証実験のシステム図

39Meisterチームは、ハタプロが「LoRa Alliance加盟メンバー」でもあり、独自開発を行ったLoRaWAN通信機器を導入した実証実験や、センサー機器の開発を進めてきた。

今回、LPWAの「独自の通信ネットワークを構築できる」という特徴に加え、「小型・軽量化」や「バッテリ駆動が可能」という特性を活かすことで、災害時や緊急時に自社独自の通信網を構築することに最適であると判断したという。

39Meisterチームと三菱地所は同実証実験を通し、都市開発や防災に対するノウハウと、リーン型開発手法を導入したLoRaWAN™機器・ネットワーク構築技術を融合し、街の機能向上に取り組む。

Previous

バルテス、IoTセキュリティ診断 本格サービス開始

しあわせもの工房、ボタンひとつで声を届けるIoT機器「マゴスピーカー(MAGOスピーカー)」を開発

Next