菱洋エレクトロとウフルが資本・業務提携 半導体業界発、デバイスへの組み込み開発からIoT事業化までをスピーディに支援

菱洋エレクトロ株式会社は、株式会社ウフルと新たなIoTビジネスの創出を目的とした資本・業務提携を行うことで合意した。

エレクトロニクス商社として半導体業界に豊富な知見とチャネルを有する菱洋エレクトロが、ウフルのデバイス(エッジ)とクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」の販売パートナー権を取得し、半導体の組み込み開発からIoTの事業化までをスピーディに実行・普及する体制を構築する。

提携の背景と展望 : 組込開発の特殊性とIoT事業化のギャップを解消し、市場への一早いリリースを支援

分散するモノどうしをつなぐIoTは近年、各デバイス(エッジ)から収集した大量のデータをクラウドに集約する「中央集権型」モデルから、デバイス(エッジ)側にAIやアナリティクス機能を実装し、そのソフトウェアを更新することによってモノやサービスの機能を柔軟に変更する「自律・分散・協調型」モデルへと移行している。

一方、この「自律・分散・協調型」モデルではデバイス(エッジ)側の高い処理能力が求められることから、特殊な組込開発に対応可能な人材・技術が限られている現状と、事業化の実現可能性とのギャップが課題となっていた。

このような課題に対して菱洋エレクトロは、デバイス(エッジ)とクラウドのスピーディなデータ連携を実現するウフルと資本・業務提携をすることによって、半導体の組込開発からデバイス(エッジ)とクラウドの融合、IoTの事業化までをつなぐ新たなバリューチェーンを構築する。

菱洋エレクトロとウフルは共同で、ハードウェアの柔軟なアップグレードを実現する「enebular」を組み込んだソリューションの開発およびデリバリを実施することにより、顧客のPoC(Proof of concept:概念実証)から事業化へスピーディにつなぎ、企業のIoT事業化と市場への一早いリリースを支援する。

また、菱洋エレクトロは同IoT事業化支援サービスを今後日本からアジア等グローバルに展開する事を目指す。

菱洋エレクトロとウフルは、本提携によって既存顧客への新たな価値提供ならびに新規顧客の開拓を強化し、2022年までの5年間で「enebular」を組み込んだコネクテッドプロダクト100万台を市場にリリースし、関連事業を含め100億円の売上獲得を目指す。

具体的な資本業務提携の内容

1. 業務提携の内容

菱洋エレクトロが「enebular」ライセンス販売権を取得し、ウフルとともに以下の取り組みを共同で推進する。

「enebular」を組み込んだソリューションの共同開発
プロダクト販売からサービス型ビジネスモデルへの事業転換を図る産業、企業、団体への製品化支援
デジタル化で経営革新を図る企業へのIoTソリューション等導入支援
コンサルティング業務、ビジネス支援の提供

2. 資本提携の内容

業務提携による上記の取り組みを円滑に推進し、両社間の関係をより強固なものにしていくため、菱洋エレクトロはウフルが実施した第三者割当増資の一部を引受けた。

Previous

ZMP、2020年東京五輪に向け、お台場での公道実験の進捗を公開

見守りロボットと光回線のコラボレーション「光BOCCO」

Next