スマホで戸外からエアコンを操作「Nature Remo」予約受付開始、Googleアシスタントや Amazon Echo との連携も可能に

Nature Japan 株式会社は2017年8月29日より、エアコンをスマート化するIoTプロダクト「Nature Remo (ネイチャー リモ)」の予約受付を開始した。正式発売は10月を予定し、8月29日より特別価格9,980円で予約を受け付ける。(特別価格は数量限定、数に達したら終了)

Nature Remoは、専用スマートフォンアプリを使い、戸外からエアコンを含めた家電のリモコン操作をおこなうことができるIoTプロダクトだ。帰宅前に室内の温度を確認してエアコンをONにしたり、外出時に消し忘れた場合には戸外から電源をOFFにしたりという操作が可能。プロダクトは、室内に設置するデバイスとスマートフォンアプリとで構成する。

Nature Remoの特徴

■スマホで戸外から家電を簡単操作
対象家電のある部屋にNature Remoをあらかじめ設置し、スマートフォンアプリの設定を済ませておくと、戸外からでも家電の電源や動作を操作することができる。

■約10秒でエアコンをセットアップ
リモコンをNature Remoに向けて、操作に必要な信号を送る。スマートフォンアプリでわかりやすいラベルとアイコンをつけて設定するだけで簡単にスマートフォンによる操作が可能になる。またエアコンの場合には、この設定はプリセットされており、約10秒でセットアップがおこなえる。一度電源の ON/OFF操作をすると、電源を含む主な機能(※)の操作をスマートフォンからできるようになる。
※風量や運転モードなど。機種によって異なる。

■外出、帰宅時に自動でエアコンをON/OFF
アプリのジオフェンス機能により、自宅から外出するとエアコンをOFFにしたり、帰宅するとONにしたりすることができる。

■Googleアシスタントや Amazon Echo との連携も可能に
IFTTT (If This Then That)にNature Remoのサービスを公開している。IFTTTを経由してGoogleアシスタントやAmazon Echoなどと連携することができる。また、近日中に、Nature RemoのAPIを公開する予定。

【Nature Remo製品概要】
デバイスについて
定価:13,000円(税別)
対応製品: エアコンを中心とした赤外線対応リモコンの家電商品全般
対応エアコン:ダイキン、Panasonic、三菱電機、日立、東芝、富士通、SHARP 他

アプリについて
アプリ名:Nature Remo (ネイチャー リモ)
アプリ対応OS: iOS 10.0以上、Android 5.0以上

【関連リンク】
Nature Japan

Previous

横浜国立大学とBBソフト、7月度IoTサイバー脅威分析リポート発表

NEC、東邦HDと倉庫運営における人員配置の最適化をAIで実現

Next