NEC、東邦HDと倉庫運営における人員配置の最適化をAIで実現

NECは、医薬品卸売業大手の東邦ホールディングス株式会社(以下 東邦HD)とともに、AIを活用し、倉庫運営における人員配置の最適化を行う実証実験を2017年7月に実施し、システムの有効性を確認した。NECは、同システムを用いたサービスを、2017年度中に卸業界を中心に提供開始する予定。

同実証実験では、東邦HDの医薬品管理におけるノウハウとNECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注1)の1つである「自律適応制御技術」(注2)を組み合わせ、倉庫内の状況をAIが分析し、管理責任者に代わって最適な人員配置を設計した。これにより、庫内作業のピーク時間帯において、最大20%生産性が向上した。

さらに、医薬品管理ならではの精度の高い出庫作業、作業の見える化など倉庫運営における新たな課題の発見につながった。

背景

従来、倉庫内の作業における人員配置は、現場での管理責任者の豊富な経験に基づいて行われていた。しかし、昨今の労働者不足や高齢化の問題により、経験豊かな管理者や作業要員の確保が困難となっており、より効率的な業務プロセスの設計や人員配置の適正化が求められている。

NECはこれまで、物流領域のシステムパートナーとして東邦HDと連携しており、倉庫管理における生産性の向上に向けて、両社で改善を図ってきた。今回の取り組みは、その一環として実施したものだ。

実証実験の内容

1.AIを活用して倉庫内の状況分析から最適な人員配置設計までシステム化
WMS(庫内管理システム)で把握している倉庫内の人員配置状況と出荷作業の進捗情報から、直近の残りの作業と現在の人員による生産性をもとに、最適な人員配置をNECのAI技術「自律適応制御技術」によりリアルタイムに分析・設計する。これら一連の業務はシステム化されており、管理責任者の経験を問わず、適切かつ柔軟な設計・判断のサポートが可能だという。人員配置を最適化することで、倉庫内作業のスループットを向上させるとともに、より少ない人数で作業を行うことで、作業時間の短縮やコストの抑制に貢献するという。

2.倉庫内の人員配置・状況の見える化
AIによる分析結果をもとにフロア全体の必要人員数、フロア内各エリアの最適人員配置数、あわせて、現在のエリアごとの作業要員数や作業進捗状況を同時に表示させる。これにより、人員配置の設計の背景や状況がわかることにより、作業員自身も理解した上で作用を進めることができるという。

NEC、東邦HDと倉庫運営における人員配置の最適化をAIで実現
画面表示イメージ
Previous

スマホで戸外からエアコンを操作「Nature Remo」予約受付開始、Googleアシスタントや Amazon Echo との連携も可能に

三井情報、ルーターやエッジコンピューティング(AI制御)等の機能をワンボックス化した、「MKI Intelligent Gateway」を含む「MKI IoT基盤」を提供開始

Next