ソフトバンク、子ども向けスマートウォッチ「OCTOPUS」販売開始

企業:

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、2017年9月15日より、フランスのJOY社が開発した毎日の習慣を作る子供向けスマートウォッチ「OCTOPUS(オクトパス)」の販売を開始する。

「OCTOPUS」は、楽しみながら毎日の習慣を作ることができる子供向けスマートウォッチだ。スマートフォンとBluetooth®で接続し、「ご飯」や「歯みがき」など約400種類のイベントをスケジュールに設定することで、時間になるとアイコン表示と振動で知らせる。

時計のボタンを押すとイベントの完了が記録されるので、親はあとからスマートフォンでイベントの実施状況を確認することができ、お子様はゲーム感覚で楽しみながら日々のルーティンワークを繰り返すことで、少しずつ良い習慣が身につき、責任感や自立心、自尊心を育てる手助けをする。

また、タコをモチーフにした可愛いキャラクター型のナイトライト機能付き充電台が付属しており、子供が愛着を持って毎日時計を身に着けられる工夫が施されている。

既にKickstarter と Indiegogoなどでアメリカなどを中心に25,000台の受注をしており、1967年から毎年開催されている世界最大の家電見本市「CES 2017」では、傑出した技術やデザインの製品に贈られるINNOVATION AWARDを受賞している。同製品は、SoftBank SELECTIONオンラインショップで販売される。

■製品仕様
・対応機種:iPhone 5s/iPhone SE/iPhone 6/iPhone 6 plus/iPhone 6s/iPhone 6s plus/iPhone 7/
 iPhone 7 plus/iPad Mini 2/iPad Mini 3/iPad Mini 4/iPad Air/iPad Air 2/iPad Pro

・サイズ:ウォッチ:32.0(W)×190.0(H)×12.0(D)mm
 ナイトライト:95.0(W)×100.0(H)× 95.0(D)mm

・重量:ウォッチ:約96g

・ナイトライト:約206g

・連続使用時間:約72時間 ※毎時間5分のリマインダーを使った場合

・充電時間:約80分

・付属品:Charging station/nightlight, 1 Charging cable (USB/Pogo), 1 charging cable (USB/Micro  USB)

■参考標準価格(税抜)
 11,852円

・JOY社について
JOY社は、「テクノロジーを使って、家族が仲良く幸せな時間をすごせるお手伝いをすること」を企業理念として、アメリカのサンフランシスコで2016年に設立されたスタートアップ企業。JOY社は2016年3月にHAX※(Founder:Cyril Ebersweiler)からの投資を受け、HAXより助言を得る等、協業関係にある。

※HAXは2011年に深センでインキュベーションプログラムを開始し、2016年末までに約220社のスタートアップに投資をしている。設立間もないハードウェアスタートアップに世界で最も積極的に投資しており、現在深セン・サンフランシスコ・ニューヨークでスタートアップ支援のプログラムを開催している。ソフトバンク コマース&サービス株式会社はHAXとの協業を通じて、今後HAXが投資するスタートアップ商品を日本市場に展開していく。

Previous

KDDI、IoT利用向け、低消費電流の通信モジュール「SKM32」を提供開始

NEC、長崎県諫早市に土砂斜面の危険性の変化をリアルタイムに見える化する「土砂災害予兆検知システム」を構築

Next