ニコン・トリンブル、i-Construction向け商品の販売・サポートを専門とする子会社 「サイテックジャパン株式会社」を設立

株式会社ニコン・トリンブルは、今般活性化しているi-Construction市場に向けて、当市場に特化した商品の販売とサポートを専門事業とする子会社 サイテックジャパン株式会社を設立した。

1. 子会社設立の背景と目的

株式会社ニコン・トリンブルは、GNSS/光学/レーザなどによる計測技術とIoT技術を軸とする製品の開発と販売を事業とし、建設・工学分野から精密農業、GIS分野まで、地理空間情報を活用したソリューションを多岐にわたり展開している。

今回、i-Construction 市場の急速な活性化に伴い、建設業界のさらなる発展を目的として、i-Construction 向け商品の販売・サポートを専門事業とするニコン・トリンブル100% 出資の新会社 サイテックジャパン株式会社を設立した。

2. 新会社の主要商品・サービス

i-Constructionと共に加速する建設業界のICT、IoT、衛星の利活用の商品、ソリューション、サービス、サポートを提供する。代表的なシステム、ソフトウエア、サービスは以下。

【新商品】 「Trimble Earthworks」「Trimble Grade Control System」:マシンガイダンス/マシンコントロールシステム
設計データを元に、自動追尾トータルステーション、GNSSレシーバー、レーザ等のセンサからの情報を利用して、建設重機をマシンガイダンス(MG)、マシンコントロール(MC)するシステム。最新システムTrimble Earthworksは、コントロールアプリをAndroid OSで構築、操作性が大幅に向上した。さらにオペレータがそれぞれのワークフローに合わせてインターフェースをアレンジすることができ、様々なビューモニターを設定することで、生産性を最大限に高める効果が期待できる。

【新商品】 「Trimble Connect」:生産性向上情報共有化 クラウド・システム
設計、測量、現場施工、設計変更の各段階の情報を統合し、各工程の各メンバーが、シームレスに情報交換することで、プロジェクトのコストの削減と効率化を図るために生まれたクラウド・コラボレーション・プラットフォーム。Trimble Connectを利用することで、他のシステムやソフトウェアとデータの交換・共有を行い、簡単に共同でプロジェクトの協議が可能。

「Business Center -HCE」:MG/MCに使用する三次元設計データ作成・管理ソフトウェア
三次元設計データのサーフェス面作成、landXMLの入出力、SXF、線形SIMA対応、縦横断面図データからの3次元データの作成、ポイントクラウドの入出力、レジストレーション、ダウンサンプリング、ノイズ除去、i-Constructionの出来形管理計算帳票や切盛りレポート、土量計算、ヒートマップ、3D-PDF出力にも対応している。

「VisionLink」:現場や重機を可視化する総合管理サービス 
i-Construction向け商品の販売・サポートを専門とする子会社 「サイテックジャパン株式会社」を設立

Previous

富士通研究所、最適な保育所入所選考を実現するAIを用いたマッチング技術を開発

ソニーエンジニアリング、無線とクラウドを活用し農家の労働生産性を向上させるIoT製品:肥育牛の起立困難状態検知システム「うしらせ」を開発

Next