LAオートショーのコネクテッド・カー・エキスポに世界のパイオニア・トップ企業が参加

3回目となる自動車・技術リーダーの最も権威ある会議、コネクテッド・カー・エキスポ(R)(以下CCE)は22日、急成長する新モビリティー分野の世界の有力プレーヤー40社以上が最新技術を展示する予定であると発表した。

自動車業界の熱い新興企業から、ボルボ、ヒュンダイ、OnStarなど革新的な先進自動車メーカー、ガーミン、Faureciaのような定評ある一流サプライヤーまで、今年の展示フロアには多彩な企業が一堂に会する。CCE 2015に足を運ぶ業界やメディアの出席者は、車載セキュリティーの革新性や自動運転ソリューション、拡張現実、カーシェアリング・プラットフォームなどあらゆるものを探求できる。

また、Lyft共同創業者兼社長、ジョン・ジマー氏の基調講演で始まる専門家プレゼンテーションの1日は、ボルボQuanergyOpenCarKPMGなど展示企業の最新ニュースがハイライトになる。

 

注目される展示企業としては、4G LTE Wi-FiやApple Car playでコネクティビティを発揮するOnstar、自動運転技術を展示して11月17日に記者会見を開くボルボなどがある。ヒュンダイは年内に自社の乗用車へ導入する拡張現実技術の新Virtual Guideを公開する。

ガーミンは最新インフォテインメント・システム(車載娯楽・情報通信システム)、車載用カメラ、ウエアラブル技術、ナビゲーション製品をデモする。

Covisintはインターネット・オブ・シングス(IoT)や電子アイデンティティー管理(IdM)、企業間(B2B)協力ソリューションの急速な開発と展開を助けるエンタープライズ級のクラウドプラットフォームを披露する。

Osram Opto Semiconductorsは可視、赤外光(IR)発光ダイオード(LED)、レーザーなどによる照明・視覚化・検知のための最新光学ソリューションを展示する。

ウインドリバー(R)は自動車メーカーにIoTの可能性を与えるフル機能インフォテインメント・プラットフォームを紹介する。

whiteCryptionはデータを守りリスクを軽減して保護水準を高めるソフトウエア自衛のためのアプリケーション・セキュリティーツールの統合パッケージを展示する。

Faureciaはドライバーの眠気やストレスを検知して、その状態を和らげる機能を持つ世界初の運転シートであるActive Wellness(TM)を展示する。

さらに、クアルコム、Hortonworks、Voyomotive、Honk、アンリツ、 Mojio、Remoto by bright boxのほか、革新的な新興企業としてはVision Fleet、Zirx、Parzo、Traffic Technology Services、Quanergy、TriLumnia、Sober Steering、Nebula Systems、Hop Skip Drive、Hi Mobility、Geraround、Elio Motors、Capio、Driversitiなど30社が最新イノベーションを公開する。

 

LAオートショーとCCEのリサ・カッツ社長は「今年のCCEでは新興企業に大きな力点を置いた。このような企業が自動車メーカー、サプライヤーとともに業界を前進させる基盤をつくることが重要と思うからだ。この業界は急速に進化しており、われわれは画期的なニュースと製品を展示場にもたらすよう努力している」と述べた。

 

CCE期間中、Faureciaが主催するネットワーキング・ランチでは、コネクテッド・カーの所有者が直面する新しい問題や、消費者への普及のために業界が取り 組むべき課題について、Faureciaがプレゼンテーションする。

このほか、カーシェアリングや車載技術、無線アップデート、コネクテッド・カーのためのビッグデータなど、今日の業界が抱えるホットな話題についても討議される。

 

フォードの製品革新マネジャーのアリシア・アギウス氏、Kelley Blue Bookアナリストのアクシャイ・アナンド氏、マイクロソフト副社長兼ゼネラルマネジャーのブライアン・ビニアク氏、NVIDIA自動車担当シニアディレクターのダニー・シャピロ氏ら自動車業界の新鋭専門家が討議をリードする。

CCEのパネルと討論では、自動車サイバーセキュリティーや自動運転乗用車、カーシェアリング、将来の自動車生産、車両ハッキングなどコネクテッド・カーの将来にかかわる幅広い課題が検討される。パネルの課題と講演専門家の全リストはこちらのサイトを参照。

 

有名な専門家、出展者を見識ある熱心な出席者に結びつけるCCEの代表的なネットワークイベントは今年、ボッシュ、SAE、Movimento、iHeartRadio、QNX、Global Automakers、Auto Alliance、KPMG、Elektrobitの支援を得ている。

CCEネットワーキング・ラウンジは11月18日(水)と11月19日(木)の午前8時から午後5時までLAコンベンションセンターで開かれ、CCEの出席者はLAオートショー期間中2日間のプレス&トレード・デーにビジネスを続けられる。

 

【関連リンク】
コネクテッド・カー・エキスポ(CCE)

Previous

Jibe MobileとJAL、リアルタイム位置管理ソリューションを活用して、羽田空港のIoT化を目指す共同実証実験を開始

米国ドローン事情 ーアニス・ウッザマン氏インタビュー 第五回

Next