エルムスユナイテッド動物病院グループがタイグリスを100%子会社化、AI、VR/AR、遠隔治療等による獣医療技術向上へ前進

MRIやCT等を活用した獣医療やiPS細胞の樹立の研究、再生獣医療に取り組む株式会社エルムスユナイテッド動物病院グループは、同社を株式交換完全親会社、株式会社タイグリスを株式交換完全子会社とする株式交換により、タイグリスを完全子会社化すると発表した。

タイグリスは動物病院業界向けIoT事業(動物病院売上管理システム、動物病院顧客管理システム、電子カルテ、AI(人工知能)、VR/AR(仮想現実/拡張現実)、遠隔診療等の開発・販売)等を展開する企業だ。エルムスユナイテッド動物病院グループは、今後タイグリスとの連携を強めることで、AI、VR/AR等のIoTを活用した獣医療技術の向上に取り組みたい意向だ。
  
同社は既にタイグリスの22.43%の株式を保有しているが、新株発行によりタイグリスを100%子会社とする。

同株式交換の詳細はこちら

【関連リンク】
エルムスユナイテッド動物病院グループ(ELMS UNITED Animal Hospitals Group)
タイグリス(TIGRESS)

以上

Previous

ソフトバンクがファーウェイ、エリクソン・ジャパンの2社と5Gの商用サービスに向けた実証実験に関する契約を締結

IoT人気記事ランキング|京セラ7種類のセンサーと電池を標準搭載 LPWA 「IoTユニット」の開発、LPWAの特性とビジネスへの可能性、情報通信総合研究所インタビューなど[8/28-9/3]

Next