DIなど3社、プログラミング教育用ロボット開発のRoot Roboticsに250万ドルの共同出資を発表

株式会社ドリームインキュベータ(以下、DI)は、ハーバード大学のスピンオフベンチャーであるプログラミング教育用ロボットRootを開発するRoot Roboticsに、TLP Investment Partners(※1)、Resolute Ventures(※2)等と共に計250万ドルの共同出資を行ったと発表した。

世界中でプログラミング教育の必要性が叫ばれている中、既存のプログラミング教育用ロボットは、ハードウエアが複雑かつ機能も限定的であるため、子供がプログラミングを学ぶには適切ではないという課題がある。

それに対しRoot Roboticsは機能を絞り込んだシンプルなハードウエアと直感的にプログラムが学べるアプリを提供しており、キーボードが使えない幼稚園児から大学生まで、誰もが楽しく簡単にプログラムを学ぶことができるとして、注目を集めている。

Rootは昨年すでにクラウドファンディングサービスKick Starterにて1800人から$400kを集めることに成功しており、2018年1月の出荷開始を予定している。

※1 TLP Investment Partners:ライフサイエンス領域へのPE、ベンチャー投資等を行うボストンのファミリーオフィス
※2 Resolute Ventures:シード投資に特化したベンチャーファンド。起業家同士の独自コミュニティを持つ

【関連リンク】
ドリームインキュベータ(DI)
Root Robotics
Resolute Ventures

Previous

TRIARTとトヨタ九州、秘密分散で機密データ漏洩を防ぐ「FLEXTHY」の運用を開始

IDC、国内IoT市場の企業ユーザー動向調査からIoT利用率は着実に向上していると報告

Next