IBM、業界横断のブロックチェーン・ネットワークの迅速な構築を支援

日本IBMは、複数の企業や団体でブロックチェーン・ネットワークを迅速に構築できるよう、Linux Foundationが提唱するブロックチェーンのフレームワークHyperledger Fabric 1.0を基盤として採用するIBM® Cloudのフル・マネージド・サービス「IBM Blockchain Platform」の国内における提供を本年10月より開始する。

「IBM Blockchain Platform」は、IBM Blockchainのベータ版に実装された「分散台帳(*1)」、「スマート・コントラクト(*2)」、「合意形成(*3)」、「暗号技術(*4)」の機能に加えて、ブロックチェーンを活用するアイデアをすぐ形にできるアプリケーション開発環境「Hyperledger Composer」、コンソーシアム型のブロックチェーン・ネットワークの形成と運営を支援するツール群、IBM Cloud経由で本番利用に求められるシステム性能と高度なセキュリティーを提供する。

「IBM Blockchain Platform」は、お客様の要望に応じてコンピュート・インスタンスなどを選択できる3種類のプランで、IBMがクラウド経由で提供する。3種類のプランは、実証実験向け「エントリー・プラン」、本番業務向け「エンタープライズ・プラン」、セキュリティーや性能要件が厳格な業界向け「エンタープライズ・プラス・プラン」から構成されている。

「エントリー・プラン」は、実証実験を速やかに開始するために最適なプランだ。アイデアを迅速にコード化してブロックチェーンを検証するためのマルチテナント環境を年内から1時間あたり52.5円(*5)で提供する予定だという。

「エンタープライズ・プラン」は、本番利用を想定したIBM Blockchain Platformの中核となるプランだ。コンソーシアム型のブロックチェーン・ネットワークを効率的に管理するツール群をシングルテナント環境で、月額30万円から提供する。
「エンタープライズ・プラス・プラン」は、専有環境による最高レベルのセキュリティーとシステム性能を提供する規制産業向けのプランで、年内の提供を予定している。

日本IBMは、IBMが国内外の400社を超える顧客と構築したブロックチェーン・ネットワークの経験から得た知見をもとに、金融、製造、小売・物流、規制当局などの各業界の参加者が、改ざん不可能な情報を許可された権限に応じて、信頼性、拡張性のあるネットワーク上で照合・更新できる業界横断的なインダストリー・プラットフォームの構築を推進する。また、IBM自らの製品開発で確立したIBM Design Thinkingと呼ぶデザイン手法を用いて、IBM Cloudを活用する高品質なアプリケーションの短期開発を推進する。

(*1)分散台帳:取引履歴と資産の状況を保存し共有
(*2)スマート・コントラクト:取引ルールを規定し処理を自動化
(*3)合意形成:取引をシステム上で確定
(*4)暗号技術:匿名性や秘匿性レベルを選択して取引の安全性を確保および認証
(*5)リリース時に価格変更の可能性あり

Previous

KDDI、サムスン電子と5Gを利用した実験で時速190km超での移動中のハンドオーバーに成功

鎌倉や京都など、ICT・AIを活用したエリア観光渋滞対策の実験・実装を図る「観光交通イノベーション地域」に選定

Next