JapanTaxi、otta、東電HD、タクシーを活用したIoT 見守りサービスを開始

JapanTaxi株式会社、株式会社ottaおよび東京電力ホールディングス株式会社(以下「東電HD」)は、東電HD が提供するIoT 見守りサービス「tepcotta(テプコッタ)」の「動く基地局」としてタクシーを活用するシステムを開発し、本日より東京都渋谷区を中心に本格運用を開始した。

tepcotta は、otta の持つIoT 技術を活用し、ビーコン(電波受発信器)を搭載したキーホルダーなどの専用携帯端末を持つ高齢者や子どもの位置情報履歴を、家族や保護者などがスマートフォンやパソコンで把握することができるほか、予め登録した基地局付近を見守り対象者が通過した場合に、メールや専用アプリで通知を受けることができる東電HD のサービスだ。既に東京都渋谷区でサービスを開始しており、順次関東圏に展開する計画。

今回、東電HD はotta およびタクシー配車アプリ「全国タクシー」を展開するJapanTaxiと提携し、日本交通株式会社が運営する約 4,100 台のタクシーの乗車客向けタブレット「Tokyo Prime」に、tepcotta 携帯端末を検知する機能を組み込んだアプリを導入した。公共施設や民間施設に設置する固定基地局に加え、首都圏を中心に稼働している約 4,100 台ものタクシーが「動く基地局」として機能することで、よりきめ細かい見守り網の構築を実現するという。

2017年7月末から順次タクシーにアプリを導入して検証を重ねた結果、すでにタクシーが約 5,000 回以上ビーコン電波を受信しており、今後「動く基地局」の更なる拡充を模索していく。

【関連リンク】
tepcotta

Previous

ルネサス、日産の新型「リーフ」の自動駐車機能に採用

サイマックス、「トイレ後付型分析デバイスを使った健康チェック サービス事業」、一般家庭導入モデルの実証実験を実施

Next