CAMI&Co.がIoTものづくりを体験できる「IoT LaB」をオープン、コンセプトは「MAKE NEW WORLD with IoT」

株式会社CAMI&Co.は、本年9月15日(金)午前10時よりデジタルファブリケーションスペース「IoT LaB」(IoTラボ)をオープンすると発表した。

同社はこれまで多くのコンサルティング、ハード・ソフト製作、教育事業を手がけてきたIoTトータルソリューションカンパニーだ。今回は新たに一般の利用者や学生、企業のビジネスマンの利用を想定したデジタルファブリケーションスペース「IoT LaB」をオープンする。そこでは、初心者から経験者まで誰でもIoTものづくりを体験することができるという。

「IoT LaB」のコンセプトは「MAKE NEW WORLD with IoT」。

誰でも自身の手で新たなサービス・プロダクトを作り出してほしいという想いがこめられている。

「IoT LaB」では一般的なものづくりに必要な工具や、3Dプリンターや3Dスキャナー、レーザーカッターといった大型工具を利用することが可能。レーザーカッターはAEON社製の「MIRA5030」を設置している。

このファブリケーションスペースはイベントスペースとして利用することも予定しており、IoTハッカソンやセミナー、ワークショップなど25名程度の小規模なイベントを開催することも可能だ。また、6人向けと4人向けの会議室を2部屋併設しており、商談スペースとして利用することもできる。

場所は、東京都品川区東五反田1-10-8 五反田S&Lビル 7階。JR五反田駅から徒歩3分だ。

【関連リンク】
キャミーアンドコー(CAMI&Co.)

Previous

産業用ドローンのスカイロボット、害獣対策に赤外線サーモグラフィーカメラ搭載の「SKY ANIMALS」を発売

オプテックス、ドイツに駐在員事務所を開設:ドイツ・スイス・オーストリアでの屋外用防犯センサの販売拡大へ

Next