RenovoとArgus、モビリティオンデマンド市場に向けたサイバー・セキュリティー対策で提携

車載ソフトウェア技術のRenovoと車両サイバー・セキュリティーのArgusは本日、Argusが特許を所有する侵入検知・防止システム(IDPS:Intrusion Detection and Prevention Systems)技術をRenovoの自動化車両向けオペレーティング・システムAWareに組み込むための提携を発表した。

この提携により両社は、急成長中の自動運転車によるモビリティオンデマンド(AMoD)市場に向けたサイバー・セキュリティー・ソリューションの構築へ向け協力していくことになる。

米国で近く予定される政府立法は、販売、輸入、展示されるあらゆる車両にIDPSの装備を義務付けるもので、既に法案が全会一致で下院を通過しているという。

【関連リンク】
レノボ(Renovo)
アルグス(Argus)

Previous

ウェアラブルデバイスのMoff、IoTによる介護自立支援サービス「モフトレ」で認知機能・可動域ともに向上

国交省の自動運転サービス実証実験、2回目は熊本県の道の駅「芦北でこぽん」で実施

Next