STマイクロエレクトロニクス、スマート機器の開発期間を短縮するBLE通信モジュール「SPBTLE-1S」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、スマート機器の試作開発を効率化するBluetooth low energyモジュールの「SPBTLE-1S」を発表した。

同社のアプリケーション・プロセッサのBlueNRG-1に加え、バラン、オシレータ、チップ・アンテナなど、無線サブシステムに必要なすべての要素が搭載されているため、すみやかな利用が可能。

「SPBTLE-1S」の最大のメリットは、開発者がハードウェア設計やRF回路のレイアウトといった手間のかかる作業を省略できることだ。

BQE(※)による認可に加えて、FCC、IC、およびCE-RED(無線機器指令)についても認定済であるため、北米およびEU市場における最終製品の認証取得を簡略化できる。また、同社のBluetooth 4.2準拠のBluetooth low energyプロトコル・スタックが搭載されていると共に、対応するソフトウェア開発キット(SDK)には幅広いBluetoothプロファイルや、サンプル・アプリケーション・コードが含まれている。

小型(11.5 x 13.5mm)かつ幅広い電源電圧範囲(1.7~3.6V)を特徴とする「SPBTLE-1S」は、ボタン型一次電池や充電式リチウム・イオン電池等の多様な電池で駆動する小型の機器に最適。

また、「SPBTLE-1S」を搭載した開発ボードも用意されており、さまざまな種類のスマート機器を開発することができる。

STEVAL-IDB007V1Mは、「SPBTLE-1S」とMEMS大気圧センサ、温度センサ、LED、プッシュ・ボタン、プログラミング・インタフェースが搭載された開発ボードで、入手後すぐに付属のデモ・ソフトウェアを実行できる。

Arduino互換コネクタも搭載されているため、拡張ボードを追加して、より複雑なアプリケーションの開発も可能。この開発ボードは、BlueNRG-1をベースとした既存のSTEVAL-IDB007V1プラットフォームに対して、ファームウェア、ソフトウェア、およびハードウェアとの互換性がある。

※BQE(Bluetooth Qualification Expert): 製品の認証資格をもつBluetoothSIGのメンバーで、認証関連のサービスを提供できる。BQEの認可により、認証執行プログラムによる抜き取り監査が免除される。

【関連リンク】
STマイクロエレクトロニクス(ST)

Previous

ドローン大学校・ドローンラボ・社楽パートナーズの3者がドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立

日本電通、IBM watosonを活用したAIチャットボット「CB2」の販売を開始

Next