バイドゥ、ボタン一つで複数の言語を翻訳できるスマートデバイスをリリース

中国のバイドゥは、ボタン一つで中国語と英語、中国語と日本語等、複数の言語を認識して翻訳することができるスマートデバイスをリリースした。

中央の小さいボタンで言語を切り替え、大きな丸いボタンを押しながらしゃべることで自動的に翻訳される。今回のバージョンではユーザーが手動で翻訳する言語を切り替えなければならないが、将来的にはそれも自動で認識する予定だという。

Wi-Fiルーターに自動翻訳機能を装備。そこには、バイドゥ独自のAIを活用した音声認識技術と機械翻訳技術が採用されている。80ヵ国のネットワークに対応し、言語は中国語、英語、日本語などに対応できるという。

バイドゥは年内に中国でのレンタル、販売を実現し、来年春前には日本での展開を目指す意向だ。

【関連リンク】
バイドゥ(Baidu/百度)

Previous

AZAPAとリコー、仙北市で自動運転の共同実証実験を開始

日立ソリューションズ、IoTの活用で無人搬送車の復旧作業にかかる工数を50%削減:トヨタ元町工場で実証

Next