独ケルヒャーがデジタル化戦略を発表、IoTプラットフォームの小売販売も視野に

清掃機器の最大手メーカーであるケルヒャーが今後の経営戦略を発表した。デジタル化推進の観点では、IoTプラットフォームの小売販売など世界中の清掃を効率的に行えるソリューションを提供していくと、同社CEOのハルトムート・イエナー氏が発表した。

また、ケルヒャー ジャパン代表取締役社長 佐藤八郎氏は、中期経営計画(~2020年)で掲げたカスタマーセントリック(お客様中心主義)の実現に向け、家庭用製品においては市場拡大のため高圧洗浄機市場の更なる深耕、屋内製品市場への積極参入、地域・店舗営業の強化を、業務用製品においては専門性の向上・潜在ニーズ発掘のため各業界に特化した営業体制を強化をすると述べた。

【関連リンク】
ケルヒャー ジャパン(Kärcher)

Previous

バイオシグナルが医師と技術者のコラボで実現、食用牛の転倒をセンサーでリアルタイム検知

NECとHortonworks、ビッグデータの分散処理領域における戦略的協業を強化

Next