NEC、モノが個人に話しかけることを可能にする音響AR技術を開発

NECは、ヒアラブルデバイス(無線イヤホン)を活用し、現実世界に音情報を付与(デジタル化)することでマーケティングの高度化、業務効率化、案内サービスの提供などを可能にする音響AR技術を開発した。

NECはこの技術を、同社の耳音響認証技術や屋内位置測位技術、バイタルセンシング技術などと組み合わせたヒアラブルプラットフォームサービスとして、2018年度の事業化を目指す。

同技術は、3次元的な音の方向感や距離感などを仮想的に再現することで臨場感のある音場を表現する「立体音響」と、ヒアラブルデバイスに搭載された9軸モーションセンサを活用して顔の向きや移動方向に関係なく音源を任意の位置に固定する「音響定位」をワイヤレスで実現する技術だ。

NEC、モノが個人に話しかけることを可能にする音響AR技術を開発

これを活用することで、例えば施設内において展示品やポスターなどのモノが個人に直接話しかけるといった個人のニーズに沿ったプロモーションや、人それぞれの目的に沿った誘導・道案内などが可能になるという。

また、ヒアラブルデバイスから得られる生体情報や音声、活動状態などに関する情報を活用することで、生活や仕事における様々な活動を妨げることなくサービスの利用が可能となる。例えば、スマートフォンの画面の注視により思わぬ怪我や事故につながりかねない「歩きスマホ」の対策としても期待される。

【関連リンク】
日本電気(NEC)

Previous

NTTとトヨタ、生活支援ロボット普及に向けた共同研究を開始

グンゼとRIZAPが共同開発、着ると筋トレ中の負荷がわかる「筋電WEAR」

Next