NTTドコモ、新たなIoT向け料金プランを提供開始

NTTドコモはIoT市場の拡大に伴い、更なる利用促進を目的に月額400円(税抜)から利用できるIoT向け料金プランの提供を、本年10月2日より開始すると発表した。

新たなIoT向け料金プランは、センサーを使った温度の計測結果を一定間隔で取得するなどの小容量データ利用を想定した低速利用向けの「IoTプラン」と、画像監視やIoTゲートウェイ装置などでの大容量データ利用を想定した高速利用向けの「IoTプランHSTM」の2種類を提供する。

料金プランの詳細はこちら

なお、2015年9月から提供していた「LTEユビキタスプラン」については、2018年1月31日をもって新規受付が終了となる。

【関連リンク】
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

NTTドコモ、IoT通信機器の消費電力を約5分の1に低減するeDRX技術を提供開始

NTTドコモ、LoRaWANの法人向けパッケージサービスを提供開始

Next