かもめや、ドローン等の無人機運行における920MHz帯IoT通信モジュールの実証実験を開始

株式会社かもめやは、ドローン等の無人機運行において、さくらインターネット株式会社のIoTプラットフォーム「sakura.io」の920MHz帯通信モジュールテスト版の実証実験を香川県高松市(東備讃瀬戸エリア)沖の離島・海上エリアで開始する。

実験に先立ち、本年9月23日に高松市周辺や離島6地点に臨時試験基地局を設置、東備讃瀬戸の海上エリアにおいて広域の電波測定試験が完了した。

この通信インフラは、かもめやが推進する「陸」「海」「空」無人物資輸送機を組み合わせた次世代「島国型」ハイブリッド無人物流プラットフォーム「開発コードネーム:KAZAMIDORI(カザミドリ)」における、無人機とオペレーションセンタ間の通信を担うものだ。

かもめや、ドローン等の無人機運行における920MHz帯IoT通信モジュールの実証実験を開始

2020年の無人物流サービスの実現に向け、本年度中に香川県沖の離島6島に試験基地局を設置、無人機運行関わる気象観測データ、その他の海上・離島におけるセンサデータ(風速・風向・気温・海水温・潮流等)の収集から提供まで一貫したサービスを順次開始する予定だ。

かもめや、ドローン等の無人機運行における920MHz帯IoT通信モジュールの実証実験を開始

【関連リンク】
かもめや(KAMOMEYA)
さくらインターネット(SAKURA Internet)

Previous

NVIDIA、AI推論の高速化を実現するソフトウェア「TensorRT 3」を発表

オムロン、安全な自動運転の実現に貢献する「ドライバー見守り車載センサー」を開発

Next