オムロン、安全な自動運転の実現に貢献する「ドライバー見守り車載センサー」を開発

オムロン株式会社は、安全な自動運転の実現に向け「ドライバー見守り車載センサー」を開発した。同センサーは時系列ディープラーニング技術により以下の3つの指標で「ドライバーが運転に集中できている状態か否か」を判断する。

  1. ドライバーが運行の状態を注視しているか (Eyes ON/OFF)
  2. ドライバーがどれだけ早く運転に復帰できるのか (Readiness High/Mid/Low)
  3. ドライバーが運転席にいるか (Seating ON/OFF)

また、顔画像センシング技術「OKAO vision」も従来のバージョンより進化し、課題となっていたマスクやサングラス等を着用しているドライバーの状態もセンシングすることが可能となった。

オムロンは、今回開発された「ドライバー見守り車載センサー」と心電や脈波を測る生体センサーを一般家庭の自家用車を含む幅広い車に搭載し、運転中のドライバーの多種多様なデータを収集する実証実験を本年度より行っている(名古屋大学未来社会創造機構および人間機械協奏技術コンソーシアムと共同で実施)。

同社は「ドライバー見守り車載センサー」について、2020年までに発売される自動車への採用を目指している。

【関連リンク】
オムロン(OMRON)
名古屋大学未来社会創造機構(Institutes of Innovation for Future Society)
人間機械協奏技術コンソーシアム(HMHS Consortium)

Previous

かもめや、ドローン等の無人機運行における920MHz帯IoT通信モジュールの実証実験を開始

ファーウェイ、米インテルと「5G New Radio」に基づく相互運用性の開発テストで協業を開始

Next