ファーウェイ、米インテルと「5G New Radio」に基づく相互運用性の開発テストで協業を開始

ファーウェイ(Huawei/華為技術)は米インテルとの新たなパートナーシップを発表し、5Gネットワーク向け無線インターフェース「5G New Radio(NR)」に基づく相互運用性の開発テスト(IODT)を開始した。

本年2月のMobile World Congress(MWC)2017会期中に開催されたグローバル5Gテストサミットにおいて、ファーウェイとインテル、また通信事業者各社は5G技術の試験を通じてグローバルで統一された5G規格を推進するとともに、通信事業者、通信機器メーカー、垂直産業パートナー間の連携を強化し、チップセットから通信端末、ネットワークインフラストラクチャ、試験装置にいたるまで統一された産業チェーンを創出することで、グローバルな5Gエコシステムの構築を目指していくことを発表していた。

ファーウェイとインテルによる相互運用性の開発テストの開始は、この5Gエコシステムの構築実現に向けたアクションの一つとなる。

両社はCバンドを含む6GHz以下の周波数帯でファーウェイの5G基地局プロトタイプとインテルの第3世代の5Gモバイルトライアルプラットフォーム(Mobile Trial Platform)をベースに、ミリ波、モビリティなど、主要な5G NR技術のパフォーマンスを共同で検証する予定だ。

【関連リンク】
ファーウェイ(Huawei/華為技術)
インテル(Intel)

Previous

オムロン、安全な自動運転の実現に貢献する「ドライバー見守り車載センサー」を開発

チームラボ、マシンラーニング・ソリューションズに出資し、AIによるソリューション事業を開始

Next