ThyssenKrupp、マイクロソフトMicrosoft Azure IoT対応のMAXを発表

ThyssenKrupp Elevatorは、遠隔モニタリング能力を増強して既存および新規エレベーターの可用性レベルを大幅に引き上げる予測的な先行保守サービスを実現する画 期的なソリューションMAXを発表した。

MAXはマイクロソフトAzure Internet of Things(IoT)テクノロジーの能力を活用しており、エレベーターは修理、部品交換、システム先行保守をリアルタイムで識別し、エレベーターにとっ て必要事項を保守技術者に「指示」することを可能にする。

 

現在、世界で1200万基のエレベーターが日々10億人の人々を輸送しており、エレベーターは最も利用され、最も安全な輸送手段になっている。

しかし、1 年間の稼働において、これらのエレベーターは累積稼働時間が1億9000万時間を越えると保守のために利用できなくなる。

MAXは、この利用できない時間 を半減することを目指し、この制約条件を緩和する。

 

MAXを利用して、コネクテッド ThyssenKruppエレベーターでリアルタイム収集したデータはマイクロソフトの信頼できるAzureクラウド・プラットフォームに送信され、プ ラットフォームのアルゴリズムがそれぞれのエレベーターの主要システムの残存耐用年数を算出する。

現在、ThyssenKruppの2万人以上にのぼる保 守技術者はMAXをウィングマンとして信頼し、部品の修理ないしは交換を事前に知ることが可能となる。

MAXに接続されたビルでは、人々は待ち時間が短縮 されるので、ストレスが軽減され有効時間が増えることになる。

 

【関連リンク】
ThyssenKrupp Elevator

Previous

アースアイズ、五感を持つ人工知能搭載ロボット型カメラ(防犯・事故防止)の開発に成功 ~最先端AI(人工知能)テクノロジーを活用したカメラ~

マイクロソフトとパシフィック・コントロールズ、Microsoft Azure上でのスマートシティープラットフォームGalaxy 2021の提供を発表

Next