NTT Com・ローム・沖創工の3社、電池レス・配線レスの「EnOcean」センサーやIoT Platform「Things Cloud」を用いたIoTソリューションの提供を開始

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、ローム株式会社および株式会社沖創工と、電池レス・配線レスの無線通信規格「EnOcean」に対応したセンサーや豊富なAPIにより柔軟な設計が可能なIoT Platform「Things Cloud」を用いて、企業のIoT環境構築を簡単・迅速に実現するIoTソリューションの提供を開始すると発表した。

企業が安心・安全なIoTシステムを構築するためには、センサーデバイス、ネットワーク、クラウド、アプリケーションなど個々のサービスについての高い技術やノウハウが必要であり、また同時にそれらの全体設計を行うインテグレーション力が求められる。

そこで、NTT Comが保有するセキュアなIoT Platform、ロームが得意とする物の情報を収集するための無線センサーデバイス、沖創工のIoT-Gateway設置をはじめとする現場の環境構築・運用実績など、3社のノウハウを組み合わせたIoTソリューションを提供することで、顧客が高度な技術を有することなく早期かつスムーズにIoT市場へ参入する支援を行う。

あわせて、電池不要・配線不要な「EnOcean」無線規格を活用することで、顧客の導入コスト・導入期間を抑えるとともに、運用稼働の削減に貢献する。

豊富なAPIにより柔軟なIoTシステム構築を実現するApplication Enablement Platformである「Things Cloud」を基盤として、「EnOcean」対応機器と連携したIoTソリューションを提供する。具体的には以下の2つのソリューションがある。

  1. 電池不要・配線不要の空間管理ソリューション
    会議室や建物における「温度」「湿度」「CO2濃度」「照度」「人の有無」などの環境状態を遠隔監視・管理する。これにより、空室の稼働効率向上やオフィス環境の改善を通じた社員満足度向上などの効果が期待できる。
  2. 白金抵抗体センサーによる食品衛生管理ソリューション
    業務用冷蔵庫の「温度」「湿度」「開閉状況」「照度」などを遠隔監視する。これにより冷蔵庫の適切な温度管理や電力消費の適正化のみならず故障時のダウンタイムを短縮したり、効率的な食品の衛生管理が可能となる。なお、「EnOcean」センサーには温度差がある冷蔵庫内でも温度変化に応じて抵抗値が変動するPt100を活用しているため、安定かつ精度が高いデータを取得できる。

【関連リンク】
「EnOcean」(ローム)
「Things Cloud」(NTT Com)
沖創工(Okisokou)

Previous

エスアイアイ・セミコンダクタと大成建設、電源・配線が不要な漏水検知システム 「T-iAlert WD」を開発

家のナカの家電は安全なのか? IoT時代のサイバーセキュリティを紐解く -横浜国立大学 准教授 吉岡氏×BBソフトサービス 山本氏 インタビュー

Next