cloudpack、国内クラウドサービスの利用促進を目指す新しい取り組みをスタート Web動画番組「みんなのクラウド教室」無料配信開始

AWS(アマゾン ウェブ サービス)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスであるcloudpack(運営:アイレット株式会社)は、LIDDELL株式会社が運営するサービス「SPIRIT※」とのコラボレーションで、さまざまな分野で活躍する若者のネットリテラシーを探りながら、クラウド利活用の啓発を目指すWeb動画番組「若者生態バラエティみんなのクラウド教室」の配信を10月30日(金)より開始する。

「みんなのクラウド教室」では、お笑い芸人のリードでcloudpackの講師がソーシャルタレントを生徒役にしてクラウドに関する授業を行う。ソーシャルタレント、お笑い芸人、cloudpackという異色の組み合わせとバラエティ手法で、視聴者に新たな視点でクラウドを知ってもらうことを目指す。

スマートフォンやSNSの普及と同時に、番組の主テーマである「クラウド」はさまざまな日常に根ざしており、毎日の生活にますます欠かせないものとなっている。LIDDELLがセレクトしたソーシャルタレントと共に、cloudpackは「クラウドは企業だけでなく一般的な生活にも深く関わっている」ことを楽しく伝えるWeb動画番組を制作・配信していく。

※ SPIRIT:LIDDELLが提供するSNS上で影響力を持つ“ソーシャルタレント”を擁するサービス

 

【番組概要】

クラウドをテーマとしたトークバラエティ番組

■番組名:「若者生態バラエティ みんなのクラウド教室」
■配信開始日時:2015年10月30日(金) ※第2回は2015年11月6日(金)配信
■配信頻度:毎週金曜日に1本ずつの更新
配信サイトはこちらより
■出演者:お笑い芸人 ハマカーン(MC)、ソーシャルタレント(生徒)、後藤和貴(cloudpack)
■勉強会内容
・驚愕!ソーシャルタレントのスマホホーム画面チェック
・珍回答続出のネットリテラシークイズ
・ソーシャルタレントの個性を活かしたクラウド活用術!
など、若者のネットリテラシーを赤裸々にリサーチしていく。

 

【10月30日(金)配信「特別公開収録!みんなのクラウド教室 アイドル編」】

cloudpack、国内クラウドサービスの利用促進を目指す新しい取り組みをスタート Web動画番組「みんなのクラウド教室」無料配信開始

若者生態系バラエティ番組「みんなのクラウド教室」の記念すべき第一回目は、10月15日(木)に虎ノ門ヒルズフォーラムにて行われたcloudpack初のユーザー向けイベント「cloudpack User Group Meetup 2015」にて公開収録された「アイドル編」。女性アイドルグループ「アキシブproject」・お笑い芸人「Hi-Hi」(特別出演)が、イベント来場者を前にクラウドを学ぶという内容となっている。

■出演ソーシャルタレント: アキシブproject
■MC(特別出演) : Hi-Hi

 

【cloudpackについて】

cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っている。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、APNプレミアコンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後4年連続で認定されている(※2)。

(※1)AWSパートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されている。

(※2)日本初の4年連続での認定は、日本企業ではアイレット株式会社と株式会社野村総合研究所のみ。

 

【関連リンク】
アイレット株式会社
若者生態バラエティ みんなのクラウド教室

Previous

キヤノン、動画にも対応した自動画像解析・レイアウト技術を開発~フォトアルバムの新しい楽しみ方や可能性を提案

福岡県みやま市のスマートコミュニティづくりが 「2015年度グッドデザイン金賞」を受賞  「日本初、エネルギーの地産地消都市」を掲げたまちづくりが評価

Next