NTTドコモ、BLEを用いた位置検知サービス「ロケーションネット」を法人企業向けに提供開始

株式会社NTTドコモは、Bluetooth Low Energy(BLE)を用いた位置検知サービス「ロケーションネット」を、本年10月26日より法人企業や自治体向けに提供開始する。

同社は、消費電力を低減した通信が可能であるBLEを活用した人物の見守りや、物品の管理に関する実証実験を2016年9月以降、神戸市や全日本空輸株式会社と実施してきたが、今回、クラウド上のシステム(マルチテナント)やタグ、検知器、スマホアプリに至るまでのパッケージサービスとして「ロケーションネット」を提供する。

従来のGPSを活用した位置管理サービスは、高架下や屋内などの見通しの悪い場所では、計測に必要なGPS電波の取得が難しく、計測の精度が低下したり、電力消費量が多かったりと課題があった。

それに対し、同サービスは特定のエリア内に検知器を設置し、管理対象の「人物」や「物品」に専用のタグを付与することで、Bluetoothによる通信を行うことが可能。さらに取得した位置情報を専用のサーバにアップロードすることで、スマートフォン等の専用アプリやWEBサイトから管理対象の位置情報を確認することができる。

これにより、GPS電波が届かない場所に検知器を設置することで位置把握が可能となる。

計測機器間の通信には、従来品に比べ消費電力を低減した通信が可能であるBLEを採用することで、専用のタグの電池寿命は平均半年程度になり、GPSを利用した位置管理サービスに比べ、長時間使用できる。その他にも、「人物」の見守りを実現する際に課題となるセキュリティ面にも考慮されているという。

また、ASPサービスとしてそのままサービス利用できるとともに、API連携により他システムとの連携開発も可能となる為、様々な法人企業様のビジネスに合わせたソリューションを短期間に提供できると期待される。

利用料金のイメージは以下の通り。

  • 見守りシステム「ロケーションネット」(ご利用用途:学区内での児童や特定エリア内での高齢者の見守りなど):月額10,000円(税抜)~ <タグ:100個、検知器:1台の場合>
  • 業務支援システム「ロケーションネット」(ご利用用途:企業内におけるモノ管理、例えば空港内の車いす管理など):月額50,000円(税抜)~ <タグ:100個、検知器:1台の場合>

【関連リンク】
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発

デンソー、自動運転プラットフォーム実現に向け「Arm Cortex-R52」プロセッサIPのライセンスを取得

Next