オムロン、一般道や市街地での自動運転の実現に貢献する3D-LIDARセンサーを開発

オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社(以下、OAE)は、車の周囲の状況を高精度に計測し、一般道や市街地での自動運転の実現に貢献する3D-LIDAR(3Dライダー)を開発した。2020年の量産開始を目指すという。

現在、車の前方検知用センサーとして主流となっているカメラやミリ波レーダーは、天候や検出物体の性質の影響を受けやすく、ポールや縁石など障害物の多い一般道や市街地での自動運転の実現には、車の周辺状況を高精度に検知できるLIDARセンサーの併用が不可欠とされている。

そこでOAEは、赤外線レーザーを水平方向にスキャンし、縦方向に分割した多分割受光素子で受光することで、広い視野角(水平140度、垂直20度)と高解像度(水平140ピクセル、垂直32ピクセル)を実現した3D-LIDARを開発した。

同3D-LIDARは、30 m先にある縁石や段差など高さ10 cm程度の障害物を高精度に計測する。車両メーカーは、同3D-LIDARを用いることで、これまで検出が難しかった低背の様々な障害物を計測し、安全な走行ルートを決定できるシステムの開発が可能となる。

また、3D-LIDARを車両の周囲4か所に取り付け、計測結果を統合・分析することで、車両の360度周囲にいる歩行者や、四輪車、二輪車、縁石などの物体を認識することが可能となる。

同製品の主な仕様は以下のとおりである。

・視野角:水平140度×垂直20度
・検知距離:50 m(車ボディ)
・分解能:水平140×垂直32ピクセル
・サイズ:W124×H78×D73.5 mm

【関連リンク】
オムロン オートモーティブエレクトロニクス(OMRON Automotive Electronics)

Previous

経産省、腰補助用装着型身体アシストロボットなどJIS規格26件の制定および21件の改正を実施

PTC、ARプラットフォームVuforiaの新バージョン「Vuforia 7」を発表

Next