パナソニック、IoT分野のアナリティクスソリューションを展開する米アリモ社(Arimo)を買収

パナソニック株式会社は、米国のデータ解析会社であるアリモ社(以下、Arimo)を資産買収すると発表した。

Arimoは、IoT分野における時系列データを中心としたアナリティクスソリューションを展開しており、パナソニックは今回の買収を機に、Arimoの持つ人的資源を含むリソースやノウハウを最大限に活用し、工場、BtoB、住空間領域におけるIoTデータ活用の事業化加速を目指す。

パナソニックはこれまでに工場における稼働データや住宅およびコールドチェーン・空調などの業務用機器におけるセンサーデータを蓄積・活用するPanasonic Digital Platform(パナソニック デジタルプラットフォーム)の構築を進めている。

ここに蓄積されたデータに対してArimoの有するアナリティクスソリューションを活用することで、AI/IoTを活用したソリューション事業の加速とともに、ビジネスプロセスそのものの改革を推進していく意向だ。

【関連リンク】
パナソニック(Panasonic)
アリモ(Arimo)

Previous

ジェネシスホールディングス、ユニロボットのAIソーシャルロボット「unibo(ユニボ)」の量産製造を開始

KTCとウエストユニティスが共同開発、工具・ウェアラブル端末を作業トレーサビリティシステムで連携し、モノとヒトの作業をつなぐIoT環境

Next