日産、自動運転技術「ProPILOT」搭載の実験車両で公道テストを開始

日産自動車株式会社は、2020年以降の実用化を目指した自動運転実験車両の公道テストを開始したと発表した。

インフィニティQ50をベースとした実験車両は、新型「セレナ」等にも搭載される同社の自動運転技術「ProPILOT」を搭載し、ナビゲーションシステムで設定した目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行する。

同実験車両には12個のソナー、12個のカメラ、9個のミリ波レーダー、6個のレーザースキャナー、HDマップが搭載されており、車両の周囲360度の情報と自車の正確な位置を把握し、交通量の多い交差点を含む複雑な道路環境を自動運転で走行することを可能にするという。

また、実環境に存在する複雑な交通シーンを解析するAI技術を搭載しており、例えば高速道路の料金所に近づくと、システムが走行可能なETCゲートを検出し、そのゲートを自動運転で通過することができる。

同社は、本年9月に高速道路単一車線自動運転技術「ProPILOT」を搭載した新型「日産リーフ」を発売した。新型「日産リーフ」、「セレナ」、「エクストレイル」、「ローグ」に搭載された同技術は、今後、欧州の「キャシュカイ」にも採用する予定だ。

【関連リンク】
日産(NISSAN)

Previous

Arm、IoTデバイスのセキュアな環境をつくるフレームワーク「Platform Security Architecture(PSA)」を発表

ミツフジ、ウェアラブルIoTブランド「hamon」の新製品として使い切りスマートウェアを発売

Next