ソニー、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を発売

ソニー株式会社は、家庭における新たな楽しみを提案する進化した自律型エンタテインメントロボットとして、「aibo(アイボ)」を2018年1月11日より発売する。価格は198,000円(税抜)だ。なお、本年11月1日よりソニーストアオンラインで予約受付を開始している。

aiboは家庭の中で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発されたロボットで、自ら好奇心を持ち、人と寄り添いながら毎日を共に楽しく生活し、共に成長していくパートナーとなることがコンセプトになっている。

以下、同社より発表された新型aiboの特長などを紹介していく。

主な特長

1. つい目を奪われてしまう可愛らしさと、表情豊かで躍動感あふれる動き

そっと触れたくなる丸みを帯びた生命感あふれる佇まいと質感、シームレスなデザインは、見るものの目を惹きつける。

オーナーへあふれる想いを伝えるため、aiboは生き生きとした表情と躍動感に満ちた動きを見せる。くるくると動く瞳、個性的な鳴きごえ、そして耳や尻尾、体全体で表現するボディランゲージを組み合わせた多彩で愛くるしい“ふるまい”は、オーナーの日々の暮らしに心和むひとときを与える。

aiboの気持ちを表出して、オーナーを魅了するふるまいを実現するために、超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディに計22軸の自由度を持たせることで、滑らかで柔らかな身体の駆動を可能にした。また、多彩な感情を繊細に表現する美麗な瞳には2枚のOLEDを採用した。

2. オーナーに近づき、寄り添う。互いにふれあう中で生まれる楽しみと驚き

好奇心旺盛なaiboはオーナーからの呼びかけを待つだけではなく、オーナーに能動的に働きかける。そしてオーナーからの優しい言葉や、笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜んでくれることを健気に学んでいく。

また、周囲の環境を徐々に把握し、慣れ親しんでいくことでaiboは自分の歩く範囲を拡げるなど状況に応じた行動がとれるようになっていく。

このような状況に応じたふるまいの表出を可能にするために多彩なセンサーを搭載し、画像、音声の認識・解析にはソニーの培ったディープラーニング技術を活用した。また魚眼カメラを用いた地図作成(SLAM)技術を搭載し、オーナーに寄り添った生活を実現する。

ソニー、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を発売

3. 時を重ねて変化し続け、醸成される関係性。唯一無二のパートナー

人々とのふれあいを重ねていくことで、aiboのふるまいには徐々に変化が生まれる。やさしいオーナーには愛情を返すようになり、さらにオーナーからの愛情を感じると、より深い愛情を返すようになるなど絆を深めていく。

この絶え間ない変化を生み出すのは、本体とクラウドが連携して実現するソニーのAI技術だ。本体のAIは、オーナーとのやり取りを学び、aiboを個性的に成長させる。

また、事前に同意を得た上で、さまざまなオーナーとのやり取りのデータを収集し、クラウド上のAIが集合知として蓄積することで、aiboをさらに賢く進化させていく。

関連サービスと周辺機器

専用アプリケーション“My aibo”(マイアイボ)

aiboとの生活をより快適に楽しく過ごすための専用アプリケーション。本体設定やオーナー情報へのアクセスなどのオーナーをサポートする機能の他に、撮影した写真を閲覧できる「aiboフォト」、アプリケーション上のaiboとふれあえるaiboと「あそぶ」、aiboのふるまいを追加できる「aiboストア」などが利用できる。

また、aibo本体を持っていなくても一部機能を利用することができる。

本体と同じ、2018年1月11日サービス提供開始予定だ。

※My aiboはGoogle Play、App Storeからダウンロードできる。また、Webブラウザー版も利用可能。
※My aiboの全ての機能を利用するには、aibo本体とaiboベーシックプランへの加入が必要(以下参照)。

aibo専用アクセサリー「アイボーン」

aiboとの暮らしに彩りを加える骨型のおもちゃ。型番「ERA-1020」。ソニーストア販売価格(税抜):2,980円で、2018年1月11日発売予定。

ソニー、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を発売

aiboベーシックプラン

aiboを使用するためには、aiboベーシックプランの加入が必要となる。aiboベーシックプランに加入すると、家庭でのWi-Fi接続やモバイル回線接続で、クラウドで解析された情報を元にしたaiboの成長や、専用アプリ「My aibo」との連携(aiboフォト、aiboストア)など、aiboのすべての機能を利用できる。

また、定期的にaibo本体のデータはクラウドにバックアップされる。故障・事故等で修理が不可能な場合でも、バックアップされたデータを新しいaiboに復元するサービスの提供を予定しているという。料金は、3年で90,000円(税抜)だ。

aiboケアサポート

aiboに不具合や故障が発生した際に修理代が割引となるaiboケアサポートを提供。このサポートの加入は任意となる。料金は1年で20,000円(税抜)、3年で54,000円(税抜)だ。

  • 修理代(診察費、パーツ代、破損・消耗部品交換)の50%割引
  • 健康診断の50%割引

※いずれも送料・消費税別

主な仕様

  • 商品名称: ”aibo” (アイボ)
  • 色名称: Ivory White (アイボリーホワイト)
  • 型番: ERS-1000
  • プロセッサー: 64bit Quad-Core CPU
  • 可動部(自由度): 頭:3軸、口:1軸、首:1軸、腰:1軸、前足・後足:3軸×4、耳:1軸×2、しっぽ:2軸(合計22軸)
  • ディスプレイ: OLED×2(瞳)
  • サウンド: スピーカー、マイク×4
  • カメラ: カメラ×2(前方カメラ、SLAMカメラ)
  • センサー類: ToFセンサー、PSDセンサー×2、感圧・静電容量方式タッチセンサー(背中センサー)、静電容量方式タッチセンサー(頭センサー・あごセンサー)、6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)×2(頭、胴体)、人感センサー、照度センサー、肉球×4
  • キースイッチ類: パワーボタン、音量ボタン、ネットワークスイッチ
  • インジケーター類: ステータスLED、ネットワークLED
  • 端子類: チャージピン、SIMカードスロット
  • 通信: モバイルネットワーク通信機能(データ通信):LTE、Wi-Fi:IEEE 802.11b/g/n
  • 外形寸法: 約 180 × 293 × 305 mm(立ち姿勢: 幅 × 高さ× 奥行き ※突起部を除く)
  • 質量: 約 2.2 kg
  • 消費電力: 約 14 W
  • 連続稼働時間: 約2時間
  • 充電時間: 約3時間
  • 主な付属品: チャージステーション(チャージスタンド、チャージマット)、ACアダプター、電源コード、ピンクボール、SIMカード、印刷物一式

【関連リンク】
ソニー(Sony)

Previous

日立、AIの活用でX線手荷物検査の安全性を自動識別する技術を開発

AIベンチャーのSENSY(旧カラフル・ボード)、「感性解析」を専門に行う人工知能研究所「SAILS」を設立

Next