NTTコムウェア、ヒューレット・パッカードと協業しDeep Learningソリューション「Deeptector」《産業用エッジAIパッケージ》を販売開始

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(以下 NTTコムウェア)は、日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、日本HP)とのソリューション連携により、「Deeptector」《産業用エッジAIパッケージ》の販売を開始した。

「Deeptector」《産業用エッジAIパッケージ》は、日本HPが産業用に提供しているハードウェアに、NTTコムウェアの画像認識AI「Deeptector」をプリインストールし最適化したものだ。また画像処理を行うGPUにはNVIDIAの「TESLA P4」が搭載されている。

なお、「Deeptector」はNTTグループのAI 「corevo」を構成するNTTコムウェアの「市販ビデオカメラ画像を用いた道路不具合自動検出技術」「汎用カメラ画像対応リアルタイム人物検出」「画像不適切度合い判定技術」などの各技術で共通に利用されるAI技術をプラットフォーム化したものである。

背景

NTTコムウェアは「Deep Learning画像認識プラットフォーム」《インストール版》を本年3月1日から、「Deep Learning画像認識プラットフォーム」《クラウド版》を本年6月30日から販売し、AIのビジネス活用を支援している。

特に「監視・検閲」「保全・点検」「製品検査」の分野に注力してきたというが、「製品検査」はオンプレミスでの利用ニーズが高い一方で、振動や温度変化といった、工場に代表されるような環境に適応する動作条件が求められる。

今回、厳しい動作条件下でも耐えうる「Deeptector」《産業用エッジAIパッケージ》を提供することで、画像を社外に出すことなくAIを活用し、製品外観検査を自動化できるようになる。また高速な画像判定処理が可能なため、製造ラインのスピードにも対応する。

また同パッケージは、近年注目が集まるIoTソリューションにおけるエッジコンピューティングのAI機能としても利用可能。販売中の「Deeptector」《クラウド版》と組合せて利用することで、幅広いソリューションの展開が可能となる。

「Deeptector」《産業用エッジAIパッケージ》の特長

1. AIをすぐに利用開始できる

ソフトウェアのインストールやライブラリ類の組合せなどの作業は不要。学習用画像を用意すれば、すぐにAI作成を開始できる。

2. 耐環境性能とパフォーマンスのバランス

工場や配送センタなどの高温環境でも24時間運転可能な運用を想定した仕様のハードウェアになっている。また、工場での運用を想定した仕様を選定している

3. 「Deeptector」《クラウド版》との連携利用

高いパフォーマンスを必要とする学習過程は「Deeptector」《クラウド版》で行い、作成されたAIを複数拠点に設置された「Deeptector」《産業用エッジAIパッケージ》にマルチキャストして判定機能をアップグレードするような、「Deeptector」《クラウド版》との連携した利用も可能。

※「Deeptector」《クラウド版》の利用料金、ネットワーク費用は別途必要。

技術仕様

  1. ハードウェア:HPE Edgeline EL1000 Converged IoT System
    • Edgeline EL1000 筐体 +ProLiant m510サーバーカートリッジ x 1
    • NVIDIA TESLA P4
    • 8コア インテルR XeonR D-1548 2.0GHz-2.6GHz(Turbo)
    • 32GBメモリ、2TB SSD (SoftwareRAIDで使用、実効1TB)
    • USB3.0 x 4、PCI-e Gen3x8 x 2、1GbE RJ-45 x 2、SFF ドライブベイ x 2
    • HPE iLO4 および専用RJ-45 x 1
    • オプションとしてOPCサーバ用Gateway (EL10)
  2. ソフトウェア:NTTコムウェア「Deeptector」《インストール版》
  3. サービス:導入支援サービス

ユースケース例

NTTコムウェア、ヒューレット・パッカードと協業しDeep Learningソリューション「Deeptector」《産業用エッジAIパッケージ》を販売開始

【関連リンク】
NTTコムウェア(NTT COMWARE)
ヒューレット・パッカード(HP)
エヌビディア(NVIDIA)

Previous

ジャパンネット銀行がLINEでの問い合わせ対応を開始、AIで24時間365日対応

住信SBIネット銀行とNEC、AIを活用した不正送金対策のモニタリングシステム開発に着手

Next