リンクジャパン、スマホでの家電操作を可能にするIoTプラグ「ePlug(イープラグ)」を販売開始

株式会社リンクジャパンは、スマートフォンでリモコンがついていない家電を簡単に操作できるIoTプラグ「ePlug(イープラグ)」の先行予約販売を2017年11月22日より開始すると発表した。同製品の正式販売予定価格は4,980円(税別)だ。

「ePlug(イープラグ)」は、スマホで「リモコンが付いていない」家電の電源をON/OFFできるIoTプラグ。自宅だけでなく、外出先、仕事中、旅行中でも専用アプリ(iOS/Android対応無料:月額利用料なし)からコントロールできる。

メーカーや年式に関係なく、あらゆるリモコンが付いていない家電(扇風機、加湿器、ケトル、コーヒーメーカー、電気スタンド、間接照明、ネットワークカメラなど)に対応できるとのことだ。

また、「ePlug」につなげた家電は、ONなのかOFFなのかをスマホでリアルタイムに確認することができる。さらには「ePlug」とつながった家電は、タイマー付き家電の機能を持つ。例えば、コーヒーメーカーを起床時刻の15分後にセットしたり、就寝時に枕元のテーブルランプにタイマーを設定すれことが可能だ。

なお一度のタイマーだけではなくリピート機能もついているため、曜日別や時間帯別の繰り返しが可能。また、ずっと電源がONになったままの家電製品があれば、「ePlug」のタイマー機能を活用することで電気代の節約にも役立つという。

同社は今後、「Amazon Echo」「Google Home」へ対応し、消費電力が計測できる「ePlug」も販売予定だとしている。また、「ePlug」は、リンクジャパンその他製品(「eRemote RJ-3」「eRemote mini」「eSensor」)と同じアプリで操作できる。

【関連リンク】
リンクジャパン(LinkJapan)

Previous

Zuora、IoT市場におけるサブスクリプション・ビジネス成功のためのサブスクライバー分析ソリューション「Zuora Insights」を日本国内で提供開始

ファーウェイ、現実世界とデジタル世界をつなぐスマートシティー神経系統の開発に向けIntelligent Operation Center(IOC)をリリース

Next