村田製作所と千代田化工建設、「プラントスマートIoTサービス」の提供を開始

株式会社村田製作所と千代田化工建設株式会社は共同で、センサネットワークによりプラントの安定、安全操業を実現する「プラントスマートIoTサービス」の提供を開始すると発表した。

背景

プラントの経年劣化や省人化に対応するため、プラントの運転状態を見える化し、適切な診断を行うための保全情報の提供が必要とされている。またこれにともない、付属機器も含めたプラントサイト全域を広範囲に監視できるネットワークがこれまで以上に求められている。

村田製作所と千代田化工建設は、両社のセンサネットワーク技術とプラントエンジニアリング技術を融合させた「プラントスマートIoTサービス」を開発。必要な保全情報を提供し、プラントの安定、安全操業を実現するとしている。

サービス内容

村田製作所

  • センサネットワークシステムの概念/基本/詳細設計
  • センサネットワークシステムの構築

千代田化工建設

  • スマートIoTサービスに関するプロジェクト全体管理
  • 現状把握・システム導入機会特定に係るお客様へのヒアリング・調査
  • システム導入計画
  • センサネットワークシステムの現場導入、運用支援および評価など

両社は、村田製作所のさまざまなアプリケーション向けセンサ群に、千代田化工建設のプラントエンジニアリングの知見を加え、小型、省電力の無線センサネットワークを構築してプラント現場に効率的に配置。これにより、プラント運転の常時モニタリングを可能とり、運転状態のデータを長期安定的に取得していくとしている。

さらには、取得したデータと最新のAI技術を融合することで、異常の早期検知や状態監視といった保全のスマート化も実施していく意向だ。

【関連リンク】
村田製作所(Murata Manufacturing)
千代田化工建設(CHIYODA)

Previous

ファーウェイ、現実世界とデジタル世界をつなぐスマートシティー神経系統の開発に向けIntelligent Operation Center(IOC)をリリース

トヨタ、コネクティッドカーと自動運転技術の社会的受容性について5つの研究プロジェクトを開始

Next