ゾゾタウン、採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」の無料配布を開始

ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイは、ZOZOTOWNや間もなくスタート予定のプライベートブランド「ZOZO」で活用する採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の無料配布の予約受付を、本日11月22日より開始。今月末頃より順次配布するとしている。

「ZOZOSUIT」 は、同社がニュージーランドのソフトセンサー開発企業StretchSense社と共同開発した、伸縮センサー内蔵の採寸用ボディースーツ。

トップスとボトムスの上下を着用し、スマートフォンとBluetooth通信で接続することで、人体のあらゆる箇所の寸法が瞬時に計測でき、そのデータをZOZOTOWNアプリに保存することができるという。

ZOZOTOWNでは、計測した体型データを活用し、ファッションECの課題である「サイズの不安」を解消すべく、商品検索機能やレコメンド機能の更なる充実を図る。これにより、既存の顧客のみならず、新規の顧客にとっても利便性の高いサービスの提供を狙う。

また、「ZOZOSUIT」はプライベートブランド「ZOZO」から展開される商品で、「究極のフィット感」を実現するために活用されるという。

なお、「ZOZOSUIT」の無料配布に際しては、別途送料200円(税込)がかかるとしている(ZOZOTOWNの送料に準ずる)。

ゾゾタウン、採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」の無料配布を開始

【関連リンク】
「ZOZOSUIT」
スタートトゥデイ(START TODAY)
StretchSense

Previous

トヨタのコミュニケーションパートナー 「KIROBO mini(キロボ ミニ)」、全国のトヨタ車両販売店で発売開始

デンソーウェーブ・ベッコフオートメーションなど、ディープラーニングでロボットアームをリアルタイム制御するシステムを開発

Next