ノバルス、スマホでコントロールできる乾電池型IoT製品「MaBeee」(マビー)が、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、公開1時間で目標額を達成

ノバルス株式会社は、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、スマホでコントロールできる乾電池型IoT製品「MaBeee」(マビー)の製品化プ ロジェクトを開始し、公開1時間で目標金額を達成した。

Makuakeの「MaBeee」製品化プロジェクトページはこちら

 

MaBeee_Movie

 

【製品概要・クラウドファンディングでのプロジェクト概要】

MaBeeeは、乾電池を装着することで、スマホをリモコンやアクセルに変えることができるIoT製品です。
プラレールやミニ四駆、自身で作った工作などに装着することで、スマホのアプリから、シンプルなON/OFFでの制御はもちろんのこと、スマホの傾きや声の大きさ、スマホにかかった加速度などに応じて、15%、25%、35%などの出力制御ができるようになる。

ノバルス、スマホでコントロールできる乾電池型IoT製品「MaBeee」(マビー)が、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、公開1時間で目標額を達成 ノバルス、スマホでコントロールできる乾電池型IoT製品「MaBeee」(マビー)が、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、公開1時間で目標額を達成

 

MaBeeeの通常販売は来年5月以降を予定しているが、それに先立ち、Makuakeにて、2015年11月11日(水)AM11時より、特別価格での先行販売を開始している。Makuakeでは、数量限定で、通常販売の最大40%オフとなる早期時別割引(2本パック:5,980円、4本 パック: 11,960円)も用意している。

Makuakeでの目標金額は50万円に設定していたが、公開から1時間で多くのユーザーからの支援で、目標額を達成した。現在も支援者が増えており、Makuakeでのプロジェクトも2/10(水)18:00まで、残り91日間ある。

 

【関連リンク】
ノバルス株式会社

Previous

クーロン、人工知能搭載コメントシステム「QuACS」の月間ユニークブラウザ数790万人を達成

アクシバース、日々の睡眠を体重計のようにスコア化する「bedditスリープモニター」販売開始

Next