ソニーのGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」、12月9日発売

ソニーのGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」が、明日12月9日より発売開始される。

同社が12月7日に行った記者発表会では、年末の「第68回NHK紅白歌合戦」への出演を控えているLittle Glee Monster(リトルグリーモンスター・通称“リトグリ”)がゲストとして登壇し、キャンペーン企画であるコラボ観覧車に乗った感想についてコメントを発表した他、スマートスピーカーのデモンストレーションを行った。

スマートスピーカー「LF-S50G」は、Googleアシスタントを搭載しており、スピーカーに話しかけることで、音楽の再生や楽曲の選択・音量の調整ができる他、ニュース等の情報取得・IoTデバイスの対応機器のコントロールができる。

また、ソニー独自の高音質360°サウンドを実現し、どの方向からでも音をクリアに聴けることが特長だ。

「LF-S50G」の価格は24,880 円(税抜)。製品の特長については以下の記事で紹介している。

ソニー、Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」を発売

【関連リンク】
「LF-S50G」ソニーwebサイト