フレクト、コネクテッド・カー領域を中心にIoTビジネス拡大に向けて、資金調達を実施

Salesforceテクノロジーを利用したアプリケーション開発サービスを行う株式会社フレクトは本日11月12日、米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム)の投資組織セールスフォース・ベンチャーズと資本提携したことを発表した。

フレクトはセールスフォース・ドットコムが運営するIoC(Internet of Customers)を実現するためのエコシステム「Salesforce1 IoTジャンプスタートプログラム」のIoCパートナーとして、ヘルスケア、エネルギー、建設、農業などの多様な分野におけるIoTを活用したシステム導入実績を多数有している。

また、コネクテッド・カーを実現するためのクルマのデータをSalesforceに連携するサブスクリプション型のサービス「Cariot(キャリオット)」の提供を今夏開始し、既に受注実績を積み重ねている。

今回の資本提携により、顧客のIoTを活用したシステム導入を進める体制を強化するともに、CariotなどのようにSalesforceテクノロジーを利用したIoTサービスを拡充させ、Salesforceを活用したIoTソリューションのリーディングカンパニーを目指す。

 

【関連リンク】
株式会社フレクト
セールスフォース・ドットコム

Previous

表技協、3DCG・VR・実写映像の融合によるプロジェクションマッピングを実現

芝浦工業大学、第15回「S.I.T.ロボットセミナー全国大会」を開催。全国から上位入賞140名の小中学生が集合。手作りロボットで白熱の日本一決定戦。

Next