住友重機械とNEC、産業機械の故障予兆にAIを活用

住友重機械工業株式会社と日本電気株式会社(以下、NEC)は、産業機械の故障予兆の検出にAIを用いる実証実験を行い、プラスチック射出成形機から出力されたデータを利用した故障予兆の検出に成功したと発表した。

今後両社は、同実証実験の結果をもとに、産業機械におけるAIを活用した故障予兆の検出および生産された製品の良品判定、運転条件や設定の自動調整の実現に向けた連携を進めるとしている。

電動射出成形機では、駆動機構に搭載されたボールねじのメンテナンスを計画的に実施したいという要求があり、故障の予兆の検出が期待されていた。今回、実証実験では、その電動射出成形機の故障についてAIで予兆を検出できるかの検証を行った。

具体的には、射出成形機に標準的に搭載されているセンサ群の時系列データを利用して、ボールねじが正常な場合と損傷を受けた場合のデータの差異検出が可能かを検証した。

正常と損傷のそれぞれの時系列データを、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つである「RAPID機械学習」で分析。その結果、1500あるデータセットを20分程で学習し、1データセットあたり0.4秒以内で、正常と損傷のデータを高精度で判別できることが確認された。

【関連リンク】
住友重機械工業(Sumitomo Heavy Industries)
日本電気(NEC)

Previous

電通と日本マイクロソフト、AIを活用したOOH広告ソリューションの提供を開始

宇宙開発スタートアップのispaceが101.5 億円の資金調達、月探査ミッションを始動

Next