BIGLOBE、IoTを活用した防犯カメラサービス「屋外防犯カメラ with BIGLOBEモバイル」の提供を開始

BIGLOBEは、横河レンタ・リース株式会社と連携し、防犯に対応するIoTサービス「屋外用防犯カメラ with BIGLOBEモバイル」を、本日12月14日より提供開始すると発表した。同サービスは、1台につき初期費用145,000円より、月額費用は3,000円だ。

「屋外用防犯カメラ with BIGLOBEモバイル」は、LTE通信モジュールを内蔵した防犯カメラと、BIGLOBEデータSIM上り高速・下り低速 大容量プラン10GBをセットにしたIoTサービスだ。

同サービスは、防犯カメラ単体でのモバイル通信を可能にしたことで、従来煩雑だった防犯カメラ設置に必要な準備が、電源を確保するだけで可能になるという。

特に屋外の利用では、ネットワークの有線工事などインターネット環境を構築する手間が省け、今まで設置が難しかった場所での防犯対策を実現。

設置の容易さだけでなく、複数カメラのリアルタイム監視、遠隔管理ができるマルチデバイス対応の専用アプリも提供するため、撮影から録画した動画まで一元管理が容易になるということだ。

「屋外用防犯カメラ with BIGLOBEモバイル」のラインナップ・販売価格は以下の通りだ。

1.赤外線カメラCC100GEIR(ベーシックモデル)

屋外用ベーシックモデル。手軽に防犯カメラの導入が可能

  ・販売価格:145,000円/台
  ・月額費用
   BIGLOBEデータSIM 大容量プラン10GB 1,500円/月
   専用アプリ利用料 1,500円/月

2.低照度カラーカメラCC103GELL(ハイエンドモデル)

屋外用ハイエンドモデル。夜間でも鮮明なカラー映像で撮影

  ・販売価格:236,000円/台
  ・月額費用
   BIGLOBEデータSIM 大容量プラン10GB 1,500円/月
   専用アプリ利用料 1,500円/月

3.ドーム型赤外線カメラCC200GDE

設置場所の景観を壊さない屋内外用ドーム型。カメラの遠隔操作も可能

  ・販売価格:145,000円/台
  ・月額費用
   BIGLOBEデータSIM 大容量プラン10GB 1,500円/月
   専用アプリ利用料 1,500円/月

※補足

  • BIGLOBEデータSIM大容量プラン10GBは、下りは通信速度を抑え、上りは通信速度上り最大50Mbpsと通信速度が上下で非対称となるものだ。月の通信料が10GBを越えた場合、200kbs以下の低速通信となる。
  • 防犯カメラ機器とセットになったサービスであるため、単体での利用は不可。カメラ、データSIM、専用アプリはセットでの契約で、最低契約期間は1年となり、以後自動での更新となる。

【関連リンク】
屋外用防犯カメラ with BIGLOBEモバイル
ビッグローブ(BIGLOBE)
横河レンタ・リース(Yokogawa)

Previous

KDDI・アイサンテクノロジー・ティアフォー、一般公道での遠隔制御型自動運転システムの実証実験を実施

IDC、デジタルトランスフォーメーションの国内動向、2018年の予測10項目を発表

Next