ニューヨークのスマートホテルを体験

ニューヨークのマンハッタンにある、citiznM Hotelは、タイムズスクエアの近くブロードウェイシアターが数あるミッドタウンと言われるエリアにある。

このホテル、チェックインからしてセルフサービスで、部屋の設備は各部屋に配置されたSamusungのタブレットで制御できるスマートホテルだ。

チェックイン時には、端末に名前を入力すると、朝食の有無や部屋を選ぶくらいで簡単にチェックインが完了する。

カードキーへのデータ書き込みも同じ機械でできる。

部屋に入ると、通常のホテル同様物理的なスイッチ類もあるのだが、ベッドサイドに置かれたタブレットを起動すると、ウェルカムメッセージの後、多機能なコントローラとなる。

citizenM

citizenM

メインメニュー1:部屋の操作

メインメニューの一つ目は部屋の操作だ。

citizenM

部屋の照明を制御する

citiznM
左側が全体の調光で、右がわがこのホテルの特徴とも言えるシャワールームの調光だ。

シャワールームが部屋の内部にありすりガラスになっているため、調光すると部屋全体のムードをコントロールできる。

citizenM

上の例では黄色っぽい色から赤っぽい色に変化させている。

こんなことができて、どうなるの?という気がするかもしれないが実際にやってみると、色によって気分が変わることがわかる。

また、細かな調整が面倒という人には、部屋全体を6種類のムードに変更する機能も備わっている。

citizenM

Relaxを選択すると部屋全体がブルーを中心とした落ち着いた色味になった。

カーテンとブラインドを操作する

citizenM
左がカーテン、右がブラインドの操作だ。

温度を操作する

citizenM
室温を操作する場合は、このパネルで操作する。空調のオン・オフもだ。

アラームをセットする

citizenM
アラームをセットするなんて、タブレットなら当たり前にできそうだが、部屋をタブレットで操作しているとこんなことまでなんだかすごいことのような気がしてくるから不思議だ。

アラーム音も4種類用意されている。

アートを変える

citizenM
部屋の額縁も、ディスプレイになっていて、中のアートを変更できる。

citizenM
※残念ながら変わらなかった。

テレビをみる

citizenM
テレビを見るのも、スマートフォンで操作できる。

ホテルのデジタル放送チャネルは通信が遅くてイライラすることもあるが、この端末は素早くチャンネル一覧が表示された。

citizenM

ちなみに、テレビのチャンネル操作も、コントローラはなく、このタブレットから行う。

citizenM

インターネットをみる

menu3
インターネットもこのタブレットからみれる!これはあまりに当たり前なので省略するが、見ての通りユーザインタフェースを統一されたアプリになっている。

Galaxyなので当然インターネットやFacebookのアプリもインストールできるが、UXを統一することでホテルの中で見ている感じを演出しているのかもしれない。

ハウステンボスのロボットホテルは、顧客の識別に顔認証を取り入れていて、カードキーすらいらないという状況だが、そこまででなくても十分スマートな体験をすることができた。

今後日本でもこのようなスマートホテルが広がっていく流れは間違いないだろう。

本来、スマートホームの領域で、このようなコントロールが想定されているが、一般家庭の家電を一気に対応機種に変えることが難しいので、まずはホテルやオフィスで体験していくことになる。

Previous

ノンエンジニアでも設定できるPepperアプリケーション - エムソリューションズ 取締役 植草さんインタビュー

メディアプラス、待合室などの映像でも音を聞きたい人だけが聴ける「Hearing Hotspot」発売

Next