ソニー(SONY)から、360度旋回する、光学30倍ズームのリモートカメラが登場

大学や専門学校、会議場、ホール、教会など、映像コンテンツを遠隔地配信や二次利用する撮影シーンにおいても、人手を要することなく広範囲を撮影可能な旋回型リモートカメラの活用が進んでいる。

例えば、結婚式の映像をダイナミックに色んな角度から撮りたい、家族の顔をズームで撮ったり、光がさんさんと降り注ぐ逆光状態でも新郎・新婦をキレイに撮りたい。そんなニーズに応えるリモートカメラの登場だ。

今回ソニーは、旋回型リモートカメラSRGシリーズのフラッグシップモデルとして、フルHD(1920×1080)かつ60フレーム/秒での映像出力に対応し、動きのある被写体を高画質でなめらかに撮影できる、旋回型リモートカメラ『SRG-360SHE』を発売した。

ソニー(SONY)から、360度旋回する、光学30倍ズームのリモートカメラが登場ソニー(SONY)から、360度旋回する、光学30倍ズームのリモートカメラが登場

【関連リンク】
ソニー(SONY)

Previous

メディアプラス、待合室などの映像でも音を聞きたい人だけが聴ける「Hearing Hotspot」発売

ジーデバイス、米粒より小さい振動センサ「CMN200」

Next