NXP SemiconductorsとBaiduが自動運転で提携

自動車半導体サプライヤのNXP Semiconductorsと、中国の検索エンジン・プロバイダであるBaidu, Inc.(バイドゥ)は、自動運転での協力を発表した。

合意条件に基づき、NXPはBaiduのオープン自動運転プラットフォーム「Apollo」に参加するとともに、ミリ波レーダー、V2X、セキュリティ、スマート・コネクティビティ、車内ユーザー・エクスペリエンス技術などの半導体製品やソリューションを提供する。

「Apollo」はBaiduが2017年4月に発表したオープン自動運転プラットフォームで、自動運転車の主要な特長や機能をサポートする包括的かつセキュアなソリューションだ。

Baiduは「Apollo」を自動運転業界のAndroidだとしており、今回の提携に至ったという。「Apollo」には現在、70以上のグローバル・パートナーが参加している。

NXPとBaiduの提携において、詳細は以下の通りだ。

  • NXPは自動運転、ミリ波レーダー、V2X、セキュリティ、スマート・コネクティビティ、車内ユーザー・エクスペリエンスのための半導体製品やソリューションを提供。
  • パートナー企業は、NXPのBlueBox開発プラットフォームを活用できる。
  • NXPとBaiduはディープ・ラーニング(深層学習)ネットワーク向けのセンサ・データの統合と高性能プロセッサに関して協力する。
  • Baiduの車内音声会話システムである「Apollo」向けDuerOSは、開発期間短縮と性能向上を実現するNXPのインフォテインメント・ソリューションを統合する。

【関連リンク】
NXPセミコンダクターズ(NXP Semiconductors)
バイドゥ(Baidu/百度)

Previous

富士通とサンスター、IoTスマートハブラシとクラウド連携で先進予防歯科サービスを開始

IoTデバイスにも接続可能、業務用ドライブレコーダ「Tough More Eye X」を発売、エルモ社

Next