NTTドコモ、IoT導入検証向け「docomo IoTスターターSIM」を提供開始

株式会社NTTドコモは、IoTソリューションの導入を検討する企業向けに、最長180日のLTEおよび3G通信が可能で、5,000円(税別)から利用できる検証用のSIMカード「docomo IoTスターターSIM」を、本年1月12日より提供する。

「docomo IoTスターターSIM」は、利用できるデータ量に応じて150MBと1GBの2種類から選べるプリペイド型のデータ通信専用のSIMカードだ。プリペイド型のため、月々の費用やデータ量に応じた追加費用は発生せず、2年契約等の長期契約ではない最長180日の期間で、各種IoTソリューションが検証できるようになる。

利用時には、顧客が持つモジュール等のIoT機器に同SIMを挿入することで、すぐに利用できるということだ。180日の経過後もしくはデータ量の上限到達後は、通常の月次請求プランを契約することで、SIMカードを切り替えることなく機器の利用が継続でき、スムーズに本格導入に移行することが可能だという。

【関連リンク】
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

博報堂アイ・スタジオ、アウトドア向けIoTサービス「TREK TRACK」をスキー場にも拡大

ソースネクストの自動翻訳「POCKETALK」を試す ーCES2018レポート9

Next