ネクストの『HOME’S』、国立情報学研究所と提携し、研究用データセットの提供を開始

株式会社ネクストは、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(以下「NII」)と提携し、同研究所が本年度設置した「データセット共同利用研究開発センター」を通じて、2015年11月24日より『HOME’S』の賃貸物件データを、研究用データセットとして無償にて提供する。

 

研究用データセット提供の概要と目的

NIIでは、これまでも「情報学研究データリポジトリ」 を設置して、様々な企業や機関が保有する各種のデータセットを受け入れ、また再構築し、情報学分野の研究コミュニティへの提供を行ってきた。この分野 の研究において実証可能な一定規模のデータセットは不可欠であり、同社は、研究基盤の整備・提供を目指すこの取り組みに賛同し、国内最多の 『HOME’S』の物件データを、データセット共同利用研究開発センターの事業である情報学研究データリポジトリを通じて提供することとした。

提供するのは、『HOME’S』に掲載された全国約530万件の賃貸物件データ(※)で、これに紐づく間取り図や室内写真等約8300万枚の物件画像デー タも含まれる。このデータセットの提供により、人工知能およびその周辺分野(画像処理、自然言語処理、対話型インタフェース、Linked Dataなど)の研究活動の発展に貢献するとともに、不動産・住宅マーケットを変革するような新たなイノベーションの促進を目指している。

今後は、ツールキットの提供や、データセットを利用したハッカソンやインターンシッププログラムの実施、共同研究など、データセットの活用促進のための施策も検討していく。

※提供するデータは、『HOME’S』サイト上で公開された物件情報のみで、特定の企業や個人につながる情報は含まれない。

 

【関連リンク】
ネクスト
国立情報学研究所

Previous

IoTとAI(人工知能)

パナソニック、第17回中国国際工業博覧会で新しいACサーボモータ他の「スマートファクトリーソリューション」製品を発表

Next