注文0分、会計0分を実現するボクシーズの「Putmenu」、イオンモール幕張新都心の一部店舗で導入

ボクシーズ株式会社は、株式会社イオンイーハートが運営する「おひつごはん 四六時中 イオンモール幕張新都心店」において、オーダーシステム「Putmenu(プットメニュー)」を導入することを本日発表した。なお、本格運用は本年1月16日に開始される。

Putmenuは、テーブルや部屋をIoT化することで、注文0分、会計0分を実現するサービスで、2017年11月に総務大臣賞を受賞したシステム。特許取得(日米中韓)のテクノロジーにより、テーブルや部屋を特定して注文できる。

利用者はイオンモール幕張新都心内の移動や買い物中に、「おひつごはん 四六時中」の店舗に限り、アプリで料理の選択と支払いを済ませておくことが可能。その後、フードコートに移動すれば、行列に並ぶことなく、席で料理を待つことができる。

料理が完了すると、注文したスマホに通知が届く。従って、従来の呼び出しベルを店舗で受け取る必要がなくなる。

注文0分会計0分を実現するボクシーズの「Putmenu」、イオンモール幕張新都心の一部店舗で導入
画面イメージ

注文の確定は位置情報テクノロジー(Room IoT)により、特定の場所内だけで行うことが可能。そのため、離れた場所で間違えて注文して料理が冷めてしまうというトラブルはなくなる。注文しなければ、支払いは一定時間で自動的にキャンセルされる。

支払いは、オンライン決済に対応。支払い方法は、スマホ通話料の支払い(「ソフトバンクまとめて支払い」、「ドコモケータイ払い」、「auかんたん決済」)、LINE Pay、Alipay、Apple Payなどに対応し、アプリは会員登録が不要ですぐに支払いできる。

商品のメニューは12言語(日本語、英語、中国語(簡体/繁体)、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、タイ語、カンボジア語、ベトナム語、ロシア語、スペイン語)にも対応しているため、訪日客の対策にもなる。

飲食店の運営における注文と支払いの業務にかかる労力と時間は大きなものであり、同サービスは、近年の人手不足、増加している訪日外国人に対応するものとして期待される。

Putmenuは、Microsoft Innovation Award 2016ファイナリスト、Microsoftのスタートアップ支援プログラム「BizSpark Plus」に採択、東京都中小企業振興公社の事業可能性評価委員会の評価事業、2017年の経済産業省「IoT を活用した新ビジネス創出推進事業」に採用、MCPC award 2017で「総務大臣賞」を受賞した。

【関連リンク】
ボクシーズ(Boxyz)

Previous

世界のウェアラブル市場はApple Watchなどスマートタイプへシフト、IDC Japan

アプリックス、電池交換不要・USB給電対応Beacon「Ac-SR2」を発売

Next