Garmin、15種以上のスポーツアプリ搭載、スマートウォッチ「vivoactive3(ヴィヴォアクティブ3)」を発売

GPSウォッチメーカーのガーミンジャパン株式会社(以下、Garmin)は、アクティビティトラッカーvivoシリーズの最新モデル「vivoactive3(ヴィヴォアクティブ3)」(全3種)を本年1月25日に発売する。なお、本日より予約を開始した。

vivoactive3(ヴィヴォアクティブ3)は、15種類以上のスポーツアプリに加えGPS機能の併用で、従来より細かなアクティビティ計測が可能となり、アクティブなライフスタイルをさらに充実させるものだという。

また、タッチスクリーンのスムーズな操作性に加え、スマートフォンと連動した機能やライフログ機能も搭載。そして、デザインは普段使いやビジネスシーンにもフィットし、様々なシーンでの利用が期待される。

vivoシリーズ最新モデル「vivoactive3(ヴィヴォアクティブ3)」の特徴は以下のとおりだ。

  • 15種類以上内蔵されたスポーツアプリ:
    ヨガ、有酸素トレーニング、筋トレ、ランニング、スイム、ゴルフなど、様々なスポーツアプリが内蔵。GPS機能との併用のほか、オンライントレーニングアプリGarmin Connect(※)との連動による記録保存なども可能。
  • SIDE SWIPE&タッチスクリーン:
    デバイス側面に沿って上下にスライドすることでメニューやウィジェットのスクロール操作が素早く行える。また画面をタッチして操作するタッチスクリーンで直観的な操作を可能にしている。
  • ワークアウト機能:
    ワークアウトを作成してデバイスにダウンロードすることができる。さらに心拍トレーニングに必要な休息タイプ、セット回数などをバイブレーションで通知。
  • ストレスモニタリング機能:
    現在のストレス値をリアルタイムにチェック。1日のストレス状況を専用アプリ内で確認可能。
  • フィットネスモニタリング機能:
    VO2Maxとフィットネス年齢の計測が可能。現在のフィットネスレベルを把握できる。

※Garmin Connect:フィットネスアクティビティを保存し、分析し、共有するためのオンライントレーニングツール

【関連リンク】
「vivoactive3(ヴィヴォアクティブ3)」製品紹介ページ(白色)