レジのいらないコンビニ「Amazon Go」、シアトルで一般客向けにオープン

「Amazon Go(アマゾンゴー)」が1月22日(米国時間)、シアトルでオープンする。米アマゾンは、2016年12月、買い物客がレジに並ぶ必要がない小売店舗「Amazon Go」を発表した。これまでβ版として同社の従業員に提供していたが、本日より一般顧客向けにオープンする。

Introducing Amazon Go and the world’s most advanced shopping technology

「Amazon Go」で、買い物客に必要なアクションは以下の2点だけだ。

  • 事前に「Amazon Go」のアプリを登録しておく。
  • 店舗に入ったら、スマートフォンを入口のゲートでかざす。

ユーザーは買い物がすんだら、Amazonのアカウントで自動的に料金が請求される。商品の動きがセンサーによって追跡できるのは容易に想像できるが、スマートフォンをかざしただけで(実際には、アプリから発行されたバーコードをスキャンしている)、商品とユーザーを結びつけられる理由については、不思議に思う人もいるかもしれない。

アマゾンはその技術の詳細を明かしてはいないが、同社のウェブサイトによると、クルマの「自動運転」に活用されているものに類似した技術が使われているという。

つまり、店舗内のいたるところにセンサーやカメラが設置されていて、それらのデータをディープラーニングを用いて解析し、ユーザーと商品を特定するのだ。アマゾンはこの独自の技術を、「Just Walk Out Technology」と呼んでいる。

一般顧客の利用は本日からスタートする。ユーザーの使用感はどうなのか、気になるところだ。

【関連リンク】
「Amazon Go」ウェブサイト

Previous

日立がMEMS加速度センサーを開発、地盤や構造物の微小振動を高感度・低消費電力で検出

IoT人気記事ランキング|コンシューマー向けIoTの課題と5Gへの期待、など[1/16-1/22]

Next