AIスピーカと連動、SOCINNOがスマートリモコン「sRemo-R(エスリモアール)」を発売

株式会社SOCINNO(ソシノ)は、家電をネットに接続しIoT社会を実現するスマートリモコン「sRemo-R(エスリモアール)」を本日発売した。

家電がネットにつながることでAIスピーカ(Google HomeやAmazon Echo)でテレビを制御したり、スマホのGPSと連動し帰宅時にライトをつけるなど多種多様なサービスを実現するという。

「sRemo-R」とは

SOCINNOでは、これまで、IoT基盤「sCloud(エスクラウド)」を構築し、Smart REMOte Service(スマート・リモート・サービス)「sRemo(エスリモ)」を提供してきた。

そして今回、スマートリモコン「sRemo-R」にをリリース。スマホでどこでも家電を操作でき、IFTTTやAmazonAlexaスキルを提供することでAIスピーカ連携やスマホのGPSと連動した利用など多種多様なサービスが可能になるという。

「sRemo-R」の主な特徴

1. Google HomeやAmazon Echoへの音声操作で家電の制御が可能に

sRemoはIFTTTやAmazonAlexaサービスを提供しAIスピーカと連携することで「テレビつけて」等の音声操作で家電の制御を可能とする。全141リモコンボタンに設定可能で設定数等に制限はないという。

2. IFTTTと連携することで多彩なサービスを実現

IFTTT(Location)で自宅への帰宅時に自動でライトをつけることや、IFTTT(Date&Time)で目覚ましに家電を利用することも可能。また、IFTTTのWebhooksを利用することでGmail、Twitter、LINEなどとも連携でき、組み合わせにより用途がひろがる。

3. どこでもスマホで家電を操作

自宅の家電をスマホからどこでも操作できるようになる。帰宅前にエアコンをつけて快適な室内環境を実現できる等、外出先からでも家電の操作が可能となる。

4. 温度、湿度、照度をグラフで表示し、リモコンや通知と連動

温度、湿度、照度センサーを装備しているため、どこでもスマホで室内環境を把握できる。また、グラフ表示でエアコンやライトの状態変化を把握したり、暑くなったらエアコンONや暗くなったらライトONなども実現できる。

5. リモコン信号をsCloudで保存や取得ができる

リモコン信号をsCloud(sRemo用クラウド)で保存し共有できる。また、リモコン設定もsCloudから取得し設定できる。

【関連リンク】
スマートリモコン「sRemo-R(エスリモアール)」

Previous

OKI、港湾・湖沼・河川で深浅測量できる可搬ボート型マルチビーム測深機「CARPHIN V」を販売開始

広島県とソフトバンク、「AI・IoT等の利活用推進に向けた連携協定」を締結

Next