菱洋エレクトロとスペインのリベリウム社が提携、屋外利用に適した環境センシング技術で農業や工業のスマート化を推進

菱洋エレクトロ株式会社は、Libelium Comunicaciones Distribuidas S.L.(以下、リベリウム社)と提携し、様々な環境データを取得・活用できるソリューションの提供を開始すると発表した。

2006年の設立以来、75を超える国への製品出荷実績があるリベリウム社の環境センサーは、温度や湿度、CO2濃度など120種類以上の環境データを取得できる機能に加え、屋外利用に適した堅牢性と、太陽光を利用した自立発電機能を備えているという特徴から、農地や工場、都市のスマート化プロジェクトを多数支援してきた。

リベリウム社のセンサーで取得可能な環境データには、以下のようなものがある(例)。
温度、湿度、照度、超音波、ノイズ、線形変異、放射線、気圧、土中温度、土中湿度、葉面湿度、風向、風圧、雨量、CO、CO2、O2、O3、NO、NO2、CO2、H2S

今回の提携により同社は、保有する屋外無線LAN、ゲートウェイ、クラウド環境、可視化ソフト等との組み合わせによる「センシングからデータ可視化まで」の一貫したソリューション提供を実現するとしている。

すでに多くの産業分野へ販路を開拓している強みを生かし、工場のスマート化や生産現場の環境監視(粉塵、CO2等の監視)による労働環境改善への活用を想定しているほか、欧州で多数の実績がある農業のスマート化やスマートシティプロジェクトへの活用を推進する計画だ。

同社は、この提携に関連する事業について、3年後に約30億円のビジネス規模を見込んでいるという。

菱洋エレクトロとスペインのリベリウム社が提携、屋外利用に適した環境センシング技術で農業や工業のスマート化を推進
環境データの活用イメージ

リベリウム社のセンサーを活用したプロジェクト実績(1)~ 「スマート・アグリカルチャー」プロジェクト ~

  • 場所:スペイン・ポンテヴェッラ
  • 概要:ブドウ畑の状況をリアルタイムでモニタリングすることによって、日単位で3種類の疫病発生予測を立て、疫病による被害を最小限に食い止めた。
  • 取得した環境データ:温度、湿度、気圧、風速、風向き、紫外線量、日射量、土中温湿度、葉面湿度、他
菱洋エレクトロとスペインのリベリウム社が提携、屋外利用に適した環境センシング技術で農業や工業のスマート化を推進
設置イメージおよび環境データ可視化画面イメージ

リベリウム社のセンサーを活用したプロジェクト実績(2) ~ 「スマート・ファクトリー」プロジェクト ~

  • 場所:スペイン・ザラゴザ
  • 概要:食品や日用品向けのパッケージメーカー工場に置いて、工場内の各種データを管理。輸出先国の基準に合わせた法令遵守が必要なため、工場内環境監視にも活用。
  • 取得した環境データ:温度、(製造工程の)パイプ内温度、湿度、照度、揮発性有機化合物の監視、他
菱洋エレクトロとスペインのリベリウム社が提携、屋外利用に適した環境センシング技術で農業や工業のスマート化を推進
設置イメージおよび環境データ可視化画面イメージ

【関連リンク】
菱洋エレクトロ(RYOYO)
リベリウム(Libelium)

Previous

ソフトバンク、「5G×IoT Studio」の提供を開始

複数のAIエンジンを組み合わせたシステム構築を容易にするAI活用支援サービス ─アクセンチュア AI Hubプラットフォーム

Next