住友電工とNEC、AIやIoTを活用したモビリティ事業で協業

住友電気工業株式会社と日本電気株式会社(以下、NEC)は、自動車部品の企画・開発をはじめとするモビリティ事業において2017年12月より協業を開始した。

同協業は、第一弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有する最先端のAI・IoT技術を活用して車両や車外システムに適用可能なハードウェア・ソフトウェアの企画開発・実証・製品化を進め、順次事業を拡大するとしている。

昨今、IoTの進展に伴い、自動車では、車内外のネットワークがシームレスにつながることで、新しいサービスの創出が可能となってきている。またAIの活用により自動運転やカーシェアを実現する安全・安心・効率的なサービスの開発が進められている。

住友電工は、モビリティ分野、特に自動車内で利用される車載部品や、交通インフラを支える交通管制システムなど、先進社会の維持・安定に必要な領域の様々な製品を開発・製造している。これらの製品がインターネットにつながることで、より高いセキュリティ品質を維持することは、社会的な責務であると同社は考えているという。

NECは社会ソリューション事業に注力しており、AI技術群「NEC the WISE」、IT基盤、クラウドなどの技術や製品・サービスを提供するとともに、これらを生み出すソフトウェア開発力、セキュリティを実現する技術・ソリューションを提供する。

同協業の内容については以下のとおりだ。

  • コネクテッド領域における次世代製品の企画・開発:
    コネクテッドカー市場の拡大を見据え、車内と車外をつなぐ次世代向け製品およびサービスの企画・開発を両社で行う。次世代向け製品・サービスを実現するため、住友電工が蓄積する車載製品・技術、交通インフラの知見とNECが保有するセキュリティ・AI・クラウド等の最先端の技術を両社で活用し、付加価値の高い製品の開発を目指す。
  • AI・IoT活用製品を迅速に生み出す高度なソフトウェア開発:
    自動車の高機能化により、車載・組込みにおけるソフトウェア開発は複雑化かつ大規模化し、重要性も高まっている。両社は同協業により、こうしたソフトウェアの開発も共同で行う。これにより、住友電工はソフトウェア開発のスピード向上や、変革が激しい自動車業界における事業機会の最大化を図る。NECは、AI・IoTなどの先進技術を有する大規模な開発リソースを柔軟に提供し、開発の複雑化・大規模化に迅速に対応するとしている。

【関連リンク】
住友電工(SEI)
日本電気(NEC)

Previous

ソフトバンクと中国の滴滴出行、タクシー事業者向けサービスで協業

スマートレジカートでレジ待ちなし、トライアルカンパニー・パナソニック・Remmoの3社が”スマートストア”をオープン

Next